スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

懐かしき悪友・・・ 

焦りながら残業をしていた・・・











     熱いぜ 大 です!    おやしーた~









突然携帯が鳴ったが、電話中だった為出れないが、表示を見ると古い悪友だった。
悪夢の悪友・・・と言うか、14年前に仕事で裏切られ嫌な思い出の友人だった、というかそう思っているのは自分だけかもしれない。

10歳からの友人でもう友人歴は34年になるな・・・
だが許せない思いでいっぱいだった、数年前にどうしても話をしなければならない事が有ったので話をしたが、それ以外では話す事もないし、話す気にもならないかった14年間。
だが自分の中で少しずつ変化が有った。
許せる感じがする、そもそも裏切られたと思っているのは自分だけ?妄想?・・・かもしれないなどと考える時もあるほどに。
だがやはり当時の事を考えると良い流れの出来事ではなかったし、「命がけ」までいうと大げさかもしれないが、自営業とはそんな思いの強い仕事だ。
そんな強い想いの中での裏切り行為だったのでやはり許せない・・・かもしれない・・・。

そうこうしていると会社のドアが開き誰かの気配がした。
夜遅く一人で残って仕事をしている所への来店、彼だった。
何故来たのか? そうそれは昼間に私が彼に電話したのだった。
電話した時点で、昔とは大きく違う、やはり大方許しているのだろう、許すというか薄まった感じだろうか?
裏切られようが、自分がしっかりした信念を持ち貫こうとしていれば動じる事もないし、揺らぐこともないだろうと・・・そんな人もいるなんだな~と。

すっと事務所に入り、「久しぶりじゃね~!」
その瞬間、昔の古い友人の感覚に戻った。なんなんだこの感覚は・・・と自分で思った。






   つづく。。 なんだか、感じたまま書いているのですが、この辺で。。。  んだば
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sanpei33.blog41.fc2.com/tb.php/914-74c7f565

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。