第一話 は じ ま り 

こんにちは

モーリですё

100kmウォークの詳細についてお書きします

内容が長いので何回かにわけて発表します☆


参加者は、社長、Kさん、Kさんの中学生の息子さん(以下Sクン)、と私でした。

(社長とKさんとSクンは、社長が行っている柔道の仲間)

100kmウォークが開催される愛知県の三河安城に前日の夜到着しました。

四人で仲良く晩御飯を食べ、夜食をかったり、人工温泉につかったりしてリラックスしていました。

この時、経験者の社長以外の三人は明日からはじまる地獄の事を知るよしもなかった・・・


大会当日、朝食のバイキングを満喫しスタート地点に向うバスに乗り込み、

Kさん「スタート直後はモーリがダッシュして先頭にいくんじゃろ??」

Sクン「俺、頭痛いのなおっとらんし」

社長「S~・・中学生で頭痛がして大会参加者の中で一番大変じゃの~ こりゃリタイアしても仕方ないの~」


みんな楽しくわいわい会場へ向いました。

この時も社長以外の三人は地獄の事をしるよしもなかったのです・・・


会場につき一通りストレッチを行い、開催者の方から注意事項を聞いて



                ☆スターーーーーーーーーーーート☆


参加者1000人超えという大人数だったので何回かに分けてスタート


私たちは三番目のスタートグループでした。


最初の十キロはみんな涼しい顔をしていました。


しかし・・・


Sクン「先生(Sクンは社長のことを先生と呼んでいる)今何キロ??」


社長「ん~~~今12km位の地点かね~・・・」


Sくん「えっ!!!?まだ十キロのレベルのはなしなん!?」


実際私も、もう20kmくらい歩いたのかなとおもっていました・・


その先もみんなでちょいちょい話をしながら歩いて


Sクン「ジャンケンしてまけた人が電柱3本分みんなの荷物を持ってあるこうや~」


このジャンケン荷物もちは盛り上がりました。


しかし、後にこの荷物もちゲームが地獄を更に身近にさせることになるとは、まだ誰も知らないのであった・・・


32km地点のコンビニで休憩を入れ、主催者さんのひいてくれているブルーシートの上に四人でバッタン!!!
と倒れ込み、


社長:ストレッチ  


Kさん:一服


私 :一服


Sクン:ストレッチ


実際中学生のSクン以外の三人は体力的にくたくた・・・足もパンパン・・・足の裏、指が豆だらけ


一休み入れて立ち上がろうとすると、足の裏に激痛が・・・


おおふっ!!!!


足いったい!!!!


その後、また歩きだし、途中Kさん親子が


Kさん「ちょっとトイレ行ってくるけん、先にいっとって~」


社長と私は歩き続けます。


その先にコンビにが見えてきたのでそこでKさん親子を待つことに・・・


5,6分くらいしてKさん親子到着。


Kさん「やっとおいついた~~」


その時社長が鞄をゴソゴソ・・・


うめぼし~~~!!!!


社長の奥様が用意してくださってたみたいで


うんま~~~~~~い☆ありがとうございまっす!!!!


一気に元気100倍です!!!


みんな痛い足をひこずりながらスタート・・・


ここまでのはほんの地獄の入口にすぎないという事を
社長以外の三人はまだ知る由もなかったのでした・・・                                             









20101023145507.jpg
                                                    





20101022154638.jpg
 to be continued
スポンサーサイト

コメント

お!

いよいよ始まりましたね!

スタート前日の気分、
スタート直前、直後の気分、
元気なうち、
明るいうちの和やかな会話、、、

昨日のことのよーに思い出します。。。

続編、楽しみです!

いよいよ
はじまりですね~モーリーさん
続きを楽しみにしております(ニコニコ)

>>100円ライターさん
行ってまいりました!!
スタート直前の和やかな空気
日が暮れ出した頃のあの空気

恐ろしいです・・
楽しみにしていて下さい!!

>>あんこやさん
はじまりました!!!
地獄が・・

楽しみにしていて下さいね!!!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sanpei33.blog41.fc2.com/tb.php/798-c9eb79de