オリジナル水盤 リガーデン工事/第3弾 

    本日も暑い暑い一日を乗り越えました。

    皆さんも乗り越えられたようですね・・・。



では 本日も負けずに行きましょーーー!    ってドコニ?   の   大   でーーーす


                   おやした~~~  ←最近はあんまり好きじゃない。





では活報~~
DSCF9511.jpg
おっとなぜか、解体前の写真が載っていますね。

と、言う事は工事は完成した?

解体前と、完成後の違いを見せたいが為に、わざわざ解体前の、尚且つ写りの悪い写真を載せる。

この辺がテクニック?・・・・・・(-_-;)


     色々言わないで・・・・・(-_-;)












んでもって、これが完成写真です!
DSCF9843.jpg
違いますね~(*^^)v 
凄い違いますね~(*^^)v  シメシメ・・・



この度は全体の説明より、アプローチの石貼りの説明をいたします。
日本古来から使われていた資材に「石」が有ります。
石の中にも貼る石から置くだけの石、撒く為の砂利、積む為の石等など色々ありますが、この度は歩くところへ貼る石、それも乱形。
写真でも門扉の前がその石を施工しています。
この辺で、名人技が発揮されます!

動画スタート!


これは「石を切る」のでは無く。石を割って合わせていきます。

古来の伝統業で、切るよりも早く、自然な風合いが出て、施工後どこで合わせているかが分からない。
そんな技の持ち主は「マーチャン名人」です。
これは、かなりの業。 ただ思った所が割れただけではダメ!
バランスを見ながら割る!これがかなり難しい・・・。

多分広島県にも10人ぐらいしかいなのでは無いでしょうか?(数えてませんが

その10人しかいない?中の2人が三平に居ます!(これは素晴らしい!自負しております

多分3人目は出ないかもしれません・・・・・(-"-)




広島ブログ ← よろしく~ ワンクリ~!
スポンサーサイト

コメント

すごい、キレイです!!
さすがプロって感じです。
職人芸ですね。

トントンさんへ

石割りもトントンと・・・(*^。^*)

何事も職人技で頑張っている人はカッコ良く尊敬に値しますね~
トントンさんも同じですよね(*^_^*)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sanpei33.blog41.fc2.com/tb.php/452-0ef78f81