100 km歩け歩け! ゴールして感謝して・・・ 

つづき・・・・・




そこに用意されていたコースとは!ココまで歩いた人にしか味わえない、特別なコースが用意されていました!
D1020036aa.jpg

この景色!
あの、40㌔手前で、クボッチに教えてもらったゴール付近に立っています。
あの海の向こうから歩いてきました・・・ 
もう何も考えたくないし、歩きたくもない、立っておくのもイヤだし、眠たい。
そんな、めちゃくちゃな気持ちに、この景色が胸に突き刺さります。

なんとも複雑な気持ちです。
ゴールが目の前で、爽快な気持ちにもなれず、続々と後ろから97㌔を歩いて来る人がいます。
でも私達は、7㌔をタイムアップしているので、94㌔地点ぐらいです・・・。
こんな綺麗で、爽快な景色の前でも、複雑な気分です。
私達を追い越していく人達は、なんとも充実した顔をして歩いています。ニコニコしています。

そんなゴール直前でも、わたくしめは、今にも倒れそうにヨレヨレで、フラフラと歩いては止まり、歩いては止まりを、繰り返します。
追い越していく人は、歩き続けて大変な状態なはずなのに、私達を追い越して行きます。

その場を歩いている事が恥ずかしいような気分にもなります。
シンチャンと

「俺らって、このままゴールして良いのかね~? まさか完歩したと思われるんかね~? それとも完歩して無い事がばれてるんかね~?」

などと、いらぬ心配ばかりがしています。
もう、恥ずかしさがいっぱいで、タイムアップした事を悔やみます。
悔やんでも、元には戻れないし、戻れても歩けません・・・。

最後の3㌔は、ひたすら激痛との闘いですが、今更歩くのを止めるわけにはいかないので、我慢、我慢、ひたすら我慢です。
無我の境地で歩き、ゴールが見えてきます。
みんなが、温かく迎えてくれている様子が、見えてきます。

「あ~・・・ 完歩していればな~・・・」

ゴールが刻々と近づいてきます。
どんな顔をしてゴールすれば良いのか、わかりません・・・。


D1020031a.jpg

ゴールをした人は、皆に万歳三唱してもらい、記念撮影をしてもらいます。
えっ? 良いの? 俺達って完歩してないよ・・・・











そして、ゴールです!
皆に 
スタッフの方 「良く我慢したねー!本当にお疲れさん、よかったよかった!万歳ーーーー、万歳ーーーーーーー!」

大 「いや~ゴールはしましたが、完歩はしてないん・・・・・」

スタッフの方 「いいのいいの、記念撮影するよーーー!ハイ 笑ってーー!行くよ~、ハイチーズ!(^^)!」

大 「いや~ゴールはしましたが、完歩は・・・・」

スタッフの方 「だから最初に言ったでしょ~、完歩するとか、順位とか、タイムとか、全然関係ないんですって、それはあなた自身の問題で、完歩したいなら、練習して来てください!簡単に出来ますから、そう言った事は関係なく、自分自身と戦い、地獄を見て、人の温かさを感じて、感謝の意味をかみ締めてもらえれば良いんですよ、とにかくあなたはゴールをくぐったのですよ!おめでとうございます!」

大 「・・・・・・・・・・・(T_T)」


わかりました、この大会の意味がわかりました。
スタート前、言葉で聞き、頭で理解したつもりでしたが、体感すると、なるほどこの事か!この気持ちの事か!と思えてきました。
D1020030a.jpg

最後の力を振り絞り、逆光ではありますが、パチリ・・・


D1020072.jpg

スタッフの方にもパチリ・・・
もう、シンチャンの足もテーピングだらけ(ズボンの上から)で、直後二人で倒れこみました・・・・

這うように、影に入り、配っていただいた弁当を食べました。

恐る恐る靴を脱いでみると、スタート前に万全のテーピングをしていたつもりですが、そのテーピングをしている場所としてない場所の境目が凄いマメになってつぶれていました・・・。
足の指のテーピングは広めにした方が良かった・・・


ですが、そんな小さな事は関係有りません。
とにかく頑張りました、みんな頑張りました。
感謝 です。皆さんに感謝です。
今回の大会中に何回感謝したか、10回以上は心から感謝しました。
たったの30時間の中で、こんなに感謝した事は、ありませんでした、人生始まって以来の新記録!
心から感謝しました。

次回は完歩して、ボランティアスタッフとして参加出来るようになりたです。
パンパンの足を揉んでやる~ヽ(^。^)ノ




この大会の主催者の、七福醸造株式会社の社長、並びにスタッフの方、ボランティアのスタッフの方々、同じように参加して苦しんだ皆様、そして両親に家族、友人など、私の周りに関わっている方々に感謝ー
地球の自然にも感謝。



来年、皆さん一緒に行きますかーー?

返事が無い・・・・ ですよね・・・(-_-;)

私は、来年も参加し完歩してきます!

おしましい。





本日訓 「一昨日は金ちゃんの結婚式で、一日泣いてました~、今日もブログを書きながら、思い出し泣きしました~・・・トホホホ」

って訓じゃ無いし~。
スポンサーサイト

コメント

ゴールおめでとうございました。
私も、毎日 楽しみにしながら読んでいきました。
足の痛さ、完歩で無いのに感動のゴールシーン。
私も感動しました。
でも、途中 残念でしたね。
来年こそは『完歩』めざしてがんばってください。
イヤ!『完歩』することに意義があるのではない。
スタッフの方が言われるように『参加すること』『参加するまでの課程』に意味があるんでしょうね。
なんて わかったようなことを書いていますが、1Kmでも息切れのする“ねぎ”です。

これからも未知の世界に恐れず足をガンガン踏み込んでいって下さい(´∀`)

すばらしい!

弱い自分を知る、弱い自分と向き合う、というのは、大さんにとって本当に苦しいことだっただろうと思います。
私も普段、弱い自分からは目をそむけがち、というかそむけてばかりですし。
仕組みはシンプル、得られるものは大きい、そんな世界を提供してくれた大会のシステムも素晴らしい。
本当の意味での「心からの感謝」をした大さんと、その過程をこのブログで詳細に伝えてもらえたことに感謝。
とはいえ、体験してもいない自分に、書き込む権利があるのか?と自問もしてしまいます。
来年は僕も参加しようかな・・・
  • [2006/11/24 22:03]
  • URL |
  • 100円ライター
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

拍手~♪
私には絶対できないことです!
すごいわぁ。。。v-82
こんなに大変な思いをしたのに来年も?
参加した人だけにわかるのでしょうね~v-218

心から感謝なんですね。
その感動伝わりました~。
泣きそう(苦笑)

お疲れ様でした

手に汗握り、胃をキリキリさせて楽しみに読ませてもらいました。昔、「夢(目標)が目的になってはいけない・」というのを読んだようなことがあり、?おかしな言い方と感じたことがありましたが、ふとそれを思い出しました。何はともあれお疲れ様でした。来年はお供しましょうか?まずは、今日の一歩からでしょうか・・・。

ねぎさんへ

誤字脱字、乱文を最後まで読んでいただきありがとうございました。
最後まで書けた事に今は満足しています・・・。
ねぎさん今後共宜しくお願い致します。ブログ頑張りましょう~!(^^)!

だんぺいさんへ

はい~、どんどん踏み入れてチャレンジして行きたいと思います。
ですが、年々年を重ねるたびに、それも出来にくくなっていくんですよね・・・
チャレンジし続ける人生になると良いですよね!

100円ライターさんへ

いつもどこか観点が違うと言うか、目の付けどころが、面白く感心していますし、勉強になります。
来年は参加して、体感して下さい、そして反省会をしましょー、飲みながら・・・?

音さんへ

みんなに言われます!私は無理だ、と。
それは違いますよ~参加する事がスタートでもあり、ゴールみたいなものですから~^^;
しんどくなったら、リタイヤすれば良いだけですから~。

って、参加したわたくしめ、地獄でしたが・・・(-_-;)

あんこやぼやき さんへ

いつも書きこみありがとうございます。
本当に感動ですよ・・・
わたくしめ、この大会の翌朝、会社でこの事をみんなの前で、話ました。
そしてみんなの前で泣いてしまい、カッコワリ~の「大」でしたよ・・・

YAMAZO8さんへ

是非来年は一緒に参加しましょー。
絶対に楽しいですよ!100円ライターさんに、YAMAZO8さんで歩きましょう!
シンチャンも居るから?4人ですね~。
ヤッターヤッター!ヽ(^。^)ノ

絶対に・・・

一番素直な自分がそこにはいた@大

いま九州から帰宅しました。
いよいよ最終回・・・実際に体験した人にしか判らない素直で「自己の人間としての本質」と向かい終えた100kmだったことが伝わり、感動しました。
7kmのタイムアップ、いいじゃないですか!完璧じゃなかったからこそ人に感謝できたり、より深く自分を見つめることができるんですよね。
そしてそれが明日への糧になるんですね。

ものづくりでは「あそび」を持たせて、あえて「完璧」を避けることで、逆に耐久性や品質といった完成度の高いモノに仕上がるのと同じように、タイムアップがあったからこそ、「感じることのできた何か」もあったのではないかと。

今週からギックリ腰へのリハビリを兼ねて職場へ歩いて通勤していますので、来年夏までにじっくり検討しますので、しばし時間をくださいね♪

店長@ラジオカフェさんへ

店長!お帰りなさ~い。
じっくり検討?無い無い無いーーー!検討なんかしなくて良いですよ、「ただ参加して、ただ歩くだけ」いたって単純。
怖がる事も、悩む事もないんですよ。
ニッヒッヒッヒッヒ・・・・・(^^♪

これで5人参加決定~~~~。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sanpei33.blog41.fc2.com/tb.php/188-82a48bd6