100 km歩け歩け! 地獄の入り口・・・  

つづき・・・



30㌔のチェックポイントで一休みし、再びコースに戻り歩きます。PM3:15
ところが、休憩の時、自分でマッサージし、シートの上でストレッチもしました。
ですが、歩き始めると足が重い・・・・

スピードが出ない・・・

練習で河内駅までの往復の時のような痛みを感じ始めます・・・

足首、ふくらはぎ、腿・・・

同じく「シンチャン」に「クボッチ」も何やら痛そうな気配が。
ですが、二人曰く、「休憩したら始めはこんな感じで痛いんよ、直ぐ治るから!」

よかった・・・・・、その通り2~3分したら治ってきて順調に、軽快に歩けだしました。ヨカッタヨカッタ・・・

少し疲れが出始めましたが、歩ける歩ける!行ける行ける!
誰も写真を撮らないので、自分でパシリッ↓シンチャンと。
D1020051a.jpg

快調に40㌔地点に向かいます。
歩いているときはやはり時速5㌔位を守って歩きます。
次の40㌔チェックポイントまで2~3㌔って所で、海沿いになり、うわ~気分爽快!こういった景色が背中を押してくれます。
何を言われるのでも無く、励まされるわけでも無く、応援してくれるわけでも無く、ただ景色が心にしみます。
そして疲れや痛みも軽くなります・・・凄いですね、人間ッテ。
D1020046a.jpg

少し薄暗くなり始めてきましたが、この景色を横目で見ながらスタスタ歩いると、クボッチがボソッと言いました。


クボッチ
「大ちゃん(実際はクボッチとは、仕事の取引先なので大ちゃんとは言いませんが・・・)、海の向こうの陸に明かりがみえるでしょ!」(写真には写っていませんが、写真の右3分の2辺りです。)


「うん見えるよ、かすかに明かりが見えるね、キレイじゃね~(^^♪」

クボッチ
「キレイでしょ~、そしてゴールは、あそこよりもう少し遠い場所なんですよ~」


「クボッチ今なんか言った?    言ったよね・・・     ゴールの場所言ったよね・・・・(ーー;)   そう言うのは困るんだよね~    やる気を無くすと言うか、戦意喪失すると言うか・・・   まあ~    まあ~ゴールが見えたんだから許すよ・・・」


かなりショックでした、ガックリきました。



悪いことは続くと言いますか、この辺りから雲行きが悪くなっていきます。

クボッチに果てしなく遠いゴールを見せ付けられ、フラフラしながら、40㌔チェックポイントを目指します。
そんな時、どこからか音がします、ポチ、ポチと。
わたくしめのユニクロで買った、100㌔完歩専用ウェアーにあたる音?。



空を見上げると・・・  雨って、こんな落ち込んでるときに降らなくてもいいのに、そしてこれから夜で寒い、海沿いを歩くので寒い!
なんでこんな時に降るかな~   まったく・・・




やっとの思いで40㌔地点についた頃には、雨も本格的で腰を降ろす場所が無い・・・
ストレッチも出来ない、休めない・・・ 

そんな事も大事だが、カッパを着なきゃいけない・・・
リュックにもビニールをかぶせなきゃ・・・
コンビニの軒先を借りて着替えます。
「チキショー、座りたいよ~、足をモミたいよ~、ストレッチしたいよ~、夜空を見上げてタバコ吸いたいよ~」

現実は厳しく、シンチャン、クボッチが、
「大ちゃん行くよ!みんなどんどんスタートし始めてるし、時間も余裕は無いよ!」

「は~・・・・い・・・」



今思い起こせばこの辺から、かる~く地獄への入り口だったのかと思います。
40㌔地点をスタートした時から他のグループと団子状態になり、10人位のグループで歩くような状態になりました。
みんなペースを合わせ、声をかけあいながら、一歩一歩進んで行きます。
わたくしめも、この集団から脱落すると置いて行かれるので一生懸命ついて行きます。


ですが、見知らぬ人が、一人・・・・・・ また一人・・・・・ と脱落して行きます。
同じグループの人も、やはり遅い人のペースに合わせる事は出来ないので、ペースは崩しません。

「おーい、次の50㌔チェックポイントで待ってるかな~、頑張れよー!」

みたいな感じ。





歩く、歩く、ひたすら歩く、止まる事は許されません。

一歩一歩、ひたすら歩く。

この辺りで、足の裏が痛くなりました、足を着く度に針で足の裏を刺すような痛さが、ジンジン伝わってくるようになりました(-_-;)
今すぐ、横たわりたい! 今すぐ、倒れても良いから止まりたい・・・そんな事ばかり考えながら、前の人の足元を見ながら、暗闇を進みます。




ひたすら歩き、歩き、歩き、歩きまくって、フと前を見ると、明かりの所で手を振ってる人が居ます。
もしかして!もしかして!チェックポイントー!
やった~、やった~、やった~、やっと座れる、休める、ご飯も食べれる、タバコも吸える!

やった~やった~・・・・・・やった~・・・・PM8:30 歩き始めて13時間
D1020045aa.jpg

到着しましたが・・・・
雨よけでテントを張っていましたが、みんなグッタリ疲れた様子で、マッサージの順番待ちで野戦病院状態・・・・
あっちこっちでは「イテテテーーー、ウーーーー、」などと疲れきった悲鳴が聞こえます。
笑ってる人はいません。みんな下を向いたて地面を見つめていたり、なんでココに居るんだ~?みたいな表情の人ばかりで、重たーい空気でした。

今回の50㌔ポイントはリタイヤする人続出。
ボランティアの人がリタイヤした人に肩を貸し、車まで連れて行きます。
リタイヤする人でまともに歩ける人は居ませんからね。

なぜか思った事。
「目的やゴールは与えられても、目標や手段は自分自身なんだ!」と強く決意し、歩いていました。

今考えると、その時の状態と、どう関係が有るのかいまだに分かりませんが・・・。


雨が本格的に降り出します。
気が付くと全身ずぶ濡れ、靴からパンツ、頭の先までずぶ濡れです。
カッパの意味がほとんど有りません・・・国道沿いでは、車から飛んでくる水を頭からかぶり、大きな水溜りにはまり・・・・。

息も白く、手の先、足の先が冷たくなってきている。

まさに地獄・・・・  これだ、これがみんなの言ってる地獄なのか・・・
主催者の言ってた地獄なのか・・・

この辺から、わたくしめのメモ帳の文字が極端にきたない。
中には読めない物も有る。
それに、あまり書いてない、書けなかったんだろうな~(>_<)

書いてるのは

歩くのを止めたい・・・

お風呂に入りたい・・・

腰がブチッってなりそう・・・

完全に足の裏の皮が剥けている・・・

足の裏が痛い痛い・・・

 言いわけめいた文ばかり、ハズカシー^^;


一歩は一歩、とにかく一歩ずつしか進めません、たった一歩ですよ~
文明なんてクソクラエ!
俺は歩いてるんだーーーーーーーーーーーー!

60㌔チェックポイント到着 PM11:45到着 歩き始めて16時間・・・

歩けば地獄、止まるも地獄・・・

つづく・・・・



そんなこんなで オヤシター! の 大 でした~




本日訓「目的やゴールは他人に与えられても、目標や手段は自分自身じゃんか~」~
スポンサーサイト

コメント

読んでるこちらも、
くたびれました(笑)

続き楽しみにしてますよ~。

あんこやぼやきさんへ

いや~疲れますね・・・

こんなに長い文章書いた事がないので、誤字脱字(いつもですが・・・)もさることながら、自分の文章力の無さに感動しております(ーー;)

続きも書きますので読んでやって下さい。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sanpei33.blog41.fc2.com/tb.php/179-f0b596ff