不易流行の旅/京都 

梅雨まっただ中!

工事はストップ遅れ気味、

良い仕事 をするには我慢が必要・・・











          おやした よ~   大です!







先日、京都へ旅に行ってきました。

まさに今回も「不易流行の旅」とでも言いましょうか?

京都の古いお庭です。

先日はお寺を中心に行きましたが、この度は少し小さめのお庭、

そして個人邸をお邪魔させて頂きました。

写真中心に紹介させていただきます。

ですがいきなりお寺・・・ここは特別に

東福寺の方丈庭園・・・
s-DSCF7941.jpg


重森三玲作ですね・・・
s-DSCF7939.jpg
当時は近代的な奇抜なデザインでした。


いつの時代も同じですね。
s-DSCF7945.jpg
新しいを手掛けたのですね~。


南禅寺の水路閣
s-DSCF7914.jpg


琵琶湖の水を引き込み京都の庭文化に大きな影響を与えたました。
s-DSCF7918.jpg
水は正直で高い所から低い所へ流れます・・・。


南禅寺の途中でお昼ごはん(*^_^*)
s-DSCF7913.jpg
この辺のお店は本格的にお庭がある歴史のあるお店ですね。。。


有名な「無鄰菴」(むりんあん) 漢字が難しい・・・
別荘のお庭です。
s-DSCF7897.jpg


無名な庭師の小川治兵衛が作庭を依頼され、この庭から超有名人になりました・・・。
s-DSCF7904.jpg


京都市内の一般的な住宅、吉田様邸
s-DSCF7937.jpg
京都は夏暑く、冬寒い、そんな気候の中でいかに快適に過ごすかを
電気やガスを使わず自然の素材で考え抜いた究極の自然住宅。


長屋の住宅には坪庭が二つ有ります、それも陰と陽の庭。
s-DSCF7929.jpg
陰と陽の庭から起こる空気の流れ・・・ 風。


何万年の月日を越えて、地域に根差した環境に適した住宅。
s-DSCF7927.jpg
そんな大切な環境もここ40年で、スイッチ一つで冷暖房、湿度調整まで出来る。


庭も必要なくなります。
s-DSCF7926.jpg
暑い寒いから生まれる知恵、工夫、力、地域。

施主様もどんどん環境が変わり住みにくくなってきたな~ と、

隣りにはホテルが建設中でした。




不易流行の旅でした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sanpei33.blog41.fc2.com/tb.php/1053-9b9c600a