三原市Z様邸ガーデン工事/第4弾 

テッテケテケテケテッテッテー♪ テッテケテケテケッテッテッテ~♪

テッテケテケテケテッテッテー♪テケテケテケテケテー♪

3分クッキング~








・・・・・・?











   オヤシターーー!   

   意味不明の感じ始まった 大 でーーーーす(-_-;)






DSCF6641a.jpg

Z様邸で取り付けた、オリジナルアイアンフェンス~。
このアイアンフェンス、展示場にも登場しましたが、先日製作現場を取材してきましたので、紹介させていただきます!
とはいえ、3分では出来ませんが・・・ このブログでは30秒位ですね・・・^^;


D1020079a.jpg

まずは、パーツを切断しバラバラ状態ですが、出来上がりイメージに置いていきます。



D1020076.jpg

そして、細かなパーツから造って行きます。
このパーツは、棒の先端にくっつくものですね、大きな玉や、小さな玉がかわいらしいです。



D1020081.jpg

造った玉のパーツを先端に溶接してくっつけます~。
バチバチバチーーーーー!っと、アイアン職人のカサちゃんの、腕が頼りです。



D1020075.jpg

はい、出来上がり~、又この部品をくっつけていきます。



D1020073.jpg

大方形が出来てきて、イメージがわきますね。
アイアン職人のカサちゃんは、黙々と造っていきます。
鉄って奥が深そうで、職人のカサちゃんを見てると思います。


DSCF6641a.jpg

それから、錆び止め加工し、塗装を何重にも塗ります。
刷毛の跡をわざと付け、厚く塗ります、その方が、アンティークっぽく見えますし、重厚に見えるかな?



そんな感じでZ様邸にも設置されました~(^_^)v
次回は、この東屋に仕込まれた、月見窓~も紹介いたします~。





本日訓 「想像を絶する物を目の前にした時、うろたえるのではなく、立ち向かいたくなる性格になりたい・・・・



おしまいっと。
スポンサーサイト

ハッシーのつぶやきvol.24~結婚式 

オヤシター。゚+.ヽ(・∀・ o)ノ ゚+.゚―☆

今日は新婚金ちゃんの情報をお届けします
みなさん!!先週の水曜日11月22日は何の日か知ってますか??(ちなみに・・・アメリカではケネディー大統領が暗殺された日だそうです


正解はヾ(*`∀´*)ノヾ(*`∀´*)ノヾ(*`∀´*)ノヾ(*`∀´*)ノ
  『いい夫婦の日』

その日に金ちゃんは結婚式を挙げました*:゚¨・*。..・゚*oO☆*:゚¨・*。..・゚*oO☆

受付にはこんなカワイイくまさんがお出迎え♪♪
     DVC00044_M.jpg
服には「サンペイ」「ダイアックス」の文字が(∩∀`*)キャッ
(「ダイアックス」とは大サンのお友達、「シンチャン」の会社で、金ちゃんの奥サマのお勤め先でした)

いよいよチャペルでの結婚式~~~ヾ(>∀<☆)ノ
       20061122123214.jpg
                      大サン泣きながらの撮影

そしてそして披露宴~~~(☆'∀`)ノ〃
始めにスピーチを頼まれていた大サン!!かなり緊張してましたが、うまく話せていましたよ~
20061127160244.jpg
                      職人サン達はお酒を飲んでイイ気分みたいです

そしてそしてそしてブーケプルズ~~~キタ━━━━━━(♡∀♡)━━━━━━!!
20061127160304.jpg
                      残念ながらリボンの先のブーケはゲットできませんでした。。。

両親への手紙。:゚(。ノω\。)゚・。
20061127160312.jpg
                      またまた大サンうるうる



そんな感じでイイ結婚式でした~.。゚+.トッテモ(・∀・,,人)イイ☆゚+.゚。



あっ!!まだお祝いの言葉を言ってなかったですね
金ちゃんホントにおめでとうございます
これから幸せな家庭を作っていってください☆⌒Y⌒Y⌒Y⌒ヾ(o◕ฺω◕ฺ)ノ ヒャッホーゥ♫




めでたしめでたしGооd Йight○o。(´-ω-`*)φZz...


三原市Z様邸ガーデン工事/第3弾 

雨が良く降りますね~、忙しい時期に降る雨は、かなり工程に影響をあたえるのでしんどいです・・・。

雨にも負けず頑張らなきゃ~!



  本日も オヤシター っす!  元気な  ですっと




Z様邸の工事も進展がありましたので紹介させていただきます~。
DSCF6553.jpg

施工前の↑この写真の場所に、三角屋根↓を建てました。
DSCF6570.jpg

ココまで前回紹介をさせていただいていましたが、次の工事は床を造りました。
DSCF6621.jpg

これで、なんとなく雰囲気が見えてきました~。
簡単に言うと、「東屋」ってところですねかね、ハイカラな良い方だと、ガゼボ~って感じです。
三平の展示場にあるガゼボとは少々意味が違いますが、目的は同じです。
庭の中のリビング的存在で、使い方は幅広く実用的なスペースです。
DSCF6623.jpg

床には施主様のお好みのジュラストーンをはりました。
上手に乱形の石をバランス良く貼っていますね~、いつも感心します。


DSCF6626.jpg

おっと↑、なんだか三角屋根の東屋に板を貼り付けていっていますね~、凄い事するな~?、いったいぜんたいどうなるのかな~?

この東屋には色々仕掛けが有るみたいです。
楽しみにしましょう!(^^)!



本日訓 「人は、思う人に成れる」byヨシマッチ。妙に心に残る。そうなりたいと思えば、そう成れるって意味だろうから、いつも強く思おう~ お~っヽ(^。^)ノ

おしまい。

100 km歩け歩け! ゴールして感謝して・・・ 

つづき・・・・・




そこに用意されていたコースとは!ココまで歩いた人にしか味わえない、特別なコースが用意されていました!
D1020036aa.jpg

この景色!
あの、40㌔手前で、クボッチに教えてもらったゴール付近に立っています。
あの海の向こうから歩いてきました・・・ 
もう何も考えたくないし、歩きたくもない、立っておくのもイヤだし、眠たい。
そんな、めちゃくちゃな気持ちに、この景色が胸に突き刺さります。

なんとも複雑な気持ちです。
ゴールが目の前で、爽快な気持ちにもなれず、続々と後ろから97㌔を歩いて来る人がいます。
でも私達は、7㌔をタイムアップしているので、94㌔地点ぐらいです・・・。
こんな綺麗で、爽快な景色の前でも、複雑な気分です。
私達を追い越していく人達は、なんとも充実した顔をして歩いています。ニコニコしています。

そんなゴール直前でも、わたくしめは、今にも倒れそうにヨレヨレで、フラフラと歩いては止まり、歩いては止まりを、繰り返します。
追い越していく人は、歩き続けて大変な状態なはずなのに、私達を追い越して行きます。

その場を歩いている事が恥ずかしいような気分にもなります。
シンチャンと

「俺らって、このままゴールして良いのかね~? まさか完歩したと思われるんかね~? それとも完歩して無い事がばれてるんかね~?」

などと、いらぬ心配ばかりがしています。
もう、恥ずかしさがいっぱいで、タイムアップした事を悔やみます。
悔やんでも、元には戻れないし、戻れても歩けません・・・。

最後の3㌔は、ひたすら激痛との闘いですが、今更歩くのを止めるわけにはいかないので、我慢、我慢、ひたすら我慢です。
無我の境地で歩き、ゴールが見えてきます。
みんなが、温かく迎えてくれている様子が、見えてきます。

「あ~・・・ 完歩していればな~・・・」

ゴールが刻々と近づいてきます。
どんな顔をしてゴールすれば良いのか、わかりません・・・。


D1020031a.jpg

ゴールをした人は、皆に万歳三唱してもらい、記念撮影をしてもらいます。
えっ? 良いの? 俺達って完歩してないよ・・・・











そして、ゴールです!
皆に 
スタッフの方 「良く我慢したねー!本当にお疲れさん、よかったよかった!万歳ーーーー、万歳ーーーーーーー!」

大 「いや~ゴールはしましたが、完歩はしてないん・・・・・」

スタッフの方 「いいのいいの、記念撮影するよーーー!ハイ 笑ってーー!行くよ~、ハイチーズ!(^^)!」

大 「いや~ゴールはしましたが、完歩は・・・・」

スタッフの方 「だから最初に言ったでしょ~、完歩するとか、順位とか、タイムとか、全然関係ないんですって、それはあなた自身の問題で、完歩したいなら、練習して来てください!簡単に出来ますから、そう言った事は関係なく、自分自身と戦い、地獄を見て、人の温かさを感じて、感謝の意味をかみ締めてもらえれば良いんですよ、とにかくあなたはゴールをくぐったのですよ!おめでとうございます!」

大 「・・・・・・・・・・・(T_T)」


わかりました、この大会の意味がわかりました。
スタート前、言葉で聞き、頭で理解したつもりでしたが、体感すると、なるほどこの事か!この気持ちの事か!と思えてきました。
D1020030a.jpg

最後の力を振り絞り、逆光ではありますが、パチリ・・・


D1020072.jpg

スタッフの方にもパチリ・・・
もう、シンチャンの足もテーピングだらけ(ズボンの上から)で、直後二人で倒れこみました・・・・

這うように、影に入り、配っていただいた弁当を食べました。

恐る恐る靴を脱いでみると、スタート前に万全のテーピングをしていたつもりですが、そのテーピングをしている場所としてない場所の境目が凄いマメになってつぶれていました・・・。
足の指のテーピングは広めにした方が良かった・・・


ですが、そんな小さな事は関係有りません。
とにかく頑張りました、みんな頑張りました。
感謝 です。皆さんに感謝です。
今回の大会中に何回感謝したか、10回以上は心から感謝しました。
たったの30時間の中で、こんなに感謝した事は、ありませんでした、人生始まって以来の新記録!
心から感謝しました。

次回は完歩して、ボランティアスタッフとして参加出来るようになりたです。
パンパンの足を揉んでやる~ヽ(^。^)ノ




この大会の主催者の、七福醸造株式会社の社長、並びにスタッフの方、ボランティアのスタッフの方々、同じように参加して苦しんだ皆様、そして両親に家族、友人など、私の周りに関わっている方々に感謝ー
地球の自然にも感謝。



来年、皆さん一緒に行きますかーー?

返事が無い・・・・ ですよね・・・(-_-;)

私は、来年も参加し完歩してきます!

おしましい。





本日訓 「一昨日は金ちゃんの結婚式で、一日泣いてました~、今日もブログを書きながら、思い出し泣きしました~・・・トホホホ」

って訓じゃ無いし~。

ハッシーのつぶやきvol.23 

広島ブログに参加してます♪

広島に関するブログがいろいろ見れますよ~



そういえば・・・・・・

今回、大サンがまったく告知してなかったのですが、『楽住楽庭通信vol25 晩秋号』が(とっくに)発行されてマス!!
みなさんのお手元に届きましたか????
まだ見てないよ!!って方がいらっしゃいましたらお送りしまぁすv(。`ω´。)ぶぃ!



そしてそしてなんと今日はみんなの仕事風景をお届けしまぁす!!ヒャッ━ヽ(*´∀`)ノ━ホォ



まずは金ちゃんです
20061120193406.jpg



次ぎは亀ちゃん
20061120193347.jpg




そしてご存知大サン




















先に帰ったので写真撮れませんでした(つд⊂)えぇぇぇん。



みんな昼間は会社にいないので戻って来てから遅くまで事務仕事ですっΣ(゜∇゜|||)

オマケ
仲良く打ち合わせ中。。。
20061120193440.jpg




おやした+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+


100 km歩け歩け! 最後の気持ち・・・ 

つづき・・・




スタッフの方 :「起きて下さい!、タイムオーバーになりますよ~!起きて下さい!」

大 :「あっ ハイ・・・」

ただ数分眠っただけだが、体に異常が発生!
リュックを背負ったまま横になり、不自然な体のまま寝たせいか?体が動かない?
頭の中で、

なんだ~?

なんで体が動かないの?

・・・・・・・

そして次の瞬間!










寝てました・・・(-_-;)

又又、スタッフの方に、

「起きて下さい!スタートしないとタイムアップになりますよーーー!」

・・・・・・

渋々目を開け、とりあえず立とう、とりあえず立とう・・・
これから最後の10㌔だ、這ってでも行くと言った、最後の10㌔だ!




これから、立ち上がるのが大変!もう足が自分の足では無いように、これこそが本当の「足が棒になる」だ!
生まれて始めての、この感覚にいや~な汗が出ます。
とにかく自分のイメージ通りに動かない、力が入らない。

やっとの思いで立ち上がった瞬間、足の裏に激痛がはしる、そして前に一歩も足が踏み出せない。
この瞬間、

「俺って終わったかも・・・・」

歩きだし始めて、本気で感じた。
今回メモを取りながら歩いたのは、自分がどういった言い訳を思いつき、この苦しさから逃げようとするのかを、メモを読み直し、後から反省しようと思って書き始めたメモ。
数回苦しくて止めたいな~とは思ったが、今回のように「マジ無理!」って感じたのは始めてだった。
その言い訳が、足が動かない って至って普通~の理由でした・・・。

なんだか今思えばしょうも無い。
想像してたのは、明日仕事にならないから~、とかだ。 
だけど良く考えてみると、言い訳は全て同じで、良い言い訳も、悪い良い訳も、無いんですよね~。
情けないですよ・・・(~_~;)


そう言えば、シンチャンにクボッチは?
そこには苦しそうな顔をして、そろそろと歩く、クボッチがいました。
こっちへ向かって来て、うつむきながら「僕~行きます・・・」って。
今にも倒れそうにフラフラで、わたくしめの前を歩いてコースに戻ります。

行ってしまった・・・



シンチャンも苦しそうな顔で、必死に立ち上がっている。
そんなシンチャンを見ながら思った。
「俺は無理だよ・・・、一人だけ置いてい行かれる・・・、でも無理、これから10㌔、約3時間も歩くのは無理だし、イヤだーーーーー!絶対に・・・」

その瞬間、スタッフの方が、

「リタイアの方、おられますかーーーーー?」



その場には数人残っていましたが、誰も返事をしません。
勿論わたくしめも、シンチャンもチラッと顔を見合わせ、軽く首を横に振ります。


ですが次に、

「タイムアップの方おられますかーー?」

しっかり手を上げたわたくしめとシンチャン。 早かった・・・

タイムオーバーで、次の97㌔地点まで車で連れて行ってもらって、又コースに戻る、タイムアップ。

もう、これ以外リタイアしない手段は有りませんでした・・・。
情けない、本当に情けない自分 の、はずですが、
この時点では、そんな事は考えられませんでした。

その時点で感じた事は、
「良かった、とりあえず歩かなくて良い、少しの間でも休める、良かった、苦しさから逃れられる」
って事。

今から思えばもったいない事したな~と、思いますが、その時点では本当に「助かった~」の一言でした。

そこから車に乗せてもらい、移動です。
その車に乗るのも、一仕事。
誰一人、車に一人で乗れる人は居ません、スタッフの方に手伝って頂き、やっとの思いで乗り込んでいます。
もちろんわたくしめも、段差に足が上がらず、体を支えてもらっていて、その間に両手で足を持ち上げ、後ろから押してもらい乗り込みました。
本当に、自分の体が思うように動きません、まったく動きませんでした。


そこから、コースを車で移動します。
勿論、歩いている人がいるコースを移動して行きます。

みんな歩いています。
勿論フラフラになりながら歩いています。
しっかり歩いている人など一人も居ません。
その横を車に乗って通過して行きます。

クボッチも歩いていました、もうフラフラです・・・。
その横を車に乗って通過して行きます。

ですが、なぜか、焦る気持ちも、悔しい気持ちも有りません。
情けない話、その時点で思った事は・・・
「助かった・・・歩かなくていい・・・」
って事、でうすがなぜか、涙がでます・・・情けない自分・・・。



7㌔を車で移動、歩けば2時間はかかる道のりを、10分位で到着です・・・。

97㌔のチェックポイントへに到着。
そこも、いつもの通り野戦病院状態。
駐車場にブルーシートが敷いてあり、その上でウ~ウ~とうなり声をあげ、マッサージを受けている人達です。
私達も到着した瞬間から、スタッフの方に、
「すぐ横になって下さい!マッサージしますので!」って・・・
タイムアップして車で来た私達に、マッサージなんて!とんでも無いと思っていたのに、スタッフの方は自然に声をかけて下さいました。

さすが、今度ばかりは、受けるわけにはいかず断りました。
「そんな身分じゃありませんから結構です・・・」

自分でマッサージし、再スタートに向けて準備します。
必死で自分の足をマッサージしながら、チャックポイントへ到着してくる人達を見ていました。
そんなフラフラで頑張っている人達からパワーをもらい、少しづつ回復してきたような気がします。
シンチャンと顔を見合わせ「そろそろ行こうか?」「行こう・・・」
言葉少なくスタートします。

ラスト3㌔頑張って歩きます。

そのラスト3㌔は、なんだか雰囲気が違います。
観光客?家族ずれの車やサイクリングの人、オートバイの人が多い。
何でだ~?思いながら歩いていました。

そこに用意されていたコースとは!ココまで歩いた人にしか味わえない、特別なコースが用意されていました!




つづく・・・





すんません、今回で完結の予定でしたが、無理でした。
最後は最後でもっと書きたい事が有ります・・・。
では次回完結と、言う事で。


本日訓 「素直に感謝が出来る人になりたいの~、そうなれば楽になるじゃろな~」

おしまい、おやした。

三原市Z様邸ガーデン工事/第2弾 

活報と100㎞歩け歩けを同時に書いているのですが、100㎞の方は書くのがしんどいんです(-_-;)
頭をフル回転!奥歯をかみ締め、時には涙ぐみながら・・・ 書き終わったらグッタリ・・・ 尚且つこれだけの文なのに約2時間以上は、かけて書いています。
2時間あれば、元気な今なら10㎞歩けます!って聞いて無いし~^^;


そんなこんなで今日は活報です!    「オヤシターッス」

毎日元気な 大 でーーーーーーーーーーーす。






DSCF6570.jpg

展示場に設置しいたこの屋根、移設しました~(^_^)v
ってこれ何?って質問が聞こえてきそうですが、なんだと思います~?
ま~屋根が有るから雨はしのげますよね~、でもこんな所に屋根を付けてどうするの?
DSCF6574.jpg

駐車場から見たらこんな感じです~!

まだ良く分からないですね~・・・


DSCF6573.jpg

こんなパーゴラも造りました。
アルミのバー材を切り刻んで組み立てました。まだ小口キャップは付いていませんが、大方イメージは分かりますよね(^。^)


DSCF6572a.jpg

小さなパーゴラも造りました!

次回位から仕上げ工事に入って行きますので、イメージ出来やすくなると思いますので、お楽しみ~。


本日訓 「携帯が壊れて、ドコモに持って行ったら新品に替えてくれた、ラッキー!」



次回は100㎞の最終回です。
おしまい~

ハッシーのつぶやきvol.22 

オヤシター

よかったらクリックしてください
ブログのランキングが見れます         
・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚゚       
     
・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚゚



さてさて!今日はある現場に行ってきました~

何年か前にうちで工事させていただいたお宅ですが、現在ウッドデッキがあるところにサンルームを取り付けたいとの事でした。

じゃあウッドデッキは???
捨てるの???
勿体無~~~い

と思っていたのですが。。。
まぁ捨てるわけはなく、ウッドデッキはサンルームの正面に取り付ける事になりました

なので今日はまず、ウッドデッキの解体を!!!
朝から金ちゃんと行ってきました~

まぁ2.3時間程で解体作業は終わったのですが。
ですが。。。。
解体した材料が軽トラに乗らな~い



どうするどうする?????????????


そんな心配をしているハッシーの横で金ちゃんは笑ってます。。。
「全然、余裕よ~って顔して!

そして金ちゃんが材料積み込むこと数分・・・・
(もちろん手伝いました




入った!!!!!全部積めました!!!!!!!!!!

すごぉ~~い

ってか、あれはパズルですね
写真撮っておけばよかったかな~

100 km歩け歩け! 自分との戦い 

つづき・・・・



80㌔地点を恐る恐るスタート。 AM7:28 歩き続けて24時間
予定では、ラスト20㌔は這ってでも行けると思い、80㌔を目標にした自分に情けなさを感じた。
ここからの20㌔今まで以上に長い、一番長い道のりに感じた。

ここからは、ほぼ夢遊病者状態。
わたくしめだけではなく、周りの皆もフラフラ・・・


ここから一番避けたかった、事が現実になる。




シンチャンに遅れをとる・・・・



クボッチと二人になる・・・・

二人で話す内容も、

クボッチ :「このペースで行ってもタイムオーバー間違い無いわ~」

大 :「マジかよ~、せっかくここまで頑張ったのに~」

クボッチ :「ま~ボチボチ行きますか~?」

大 :「そうじゃね~・・・」


そんな会話になると、気分的にだらけムードになる。

大 :「クボッチ~休憩しょうや~」

クボッチ :「そうじゃね~」

少しサビレタ?コンビニのような、パン屋さんのような所で、トイレを借りると、なんとそこは座敷の上で、靴を脱いで歩いていかなければトイレに行けない・・・(++;)

靴を脱ぐのも、顔をしかめながら、死に物狂いで脱ぐ感じ。
そして靴を脱いでトイレまで、5歩ぐらいで着く距離だが、壁に手を突き足に体重がかからないように歩く。
用を済ませるまで、約15分位かかり、クボッチの元に帰ってみると、なにやら嫌~~な雰囲気を感じた。


クボッチの目が変わっていた!
そのクボッチの目は、今までに無くランランと輝いてる。 

マジかよ・・・・

クボッチ :「僕~ 今年で3回目だし、うちの社長もボランティアのスタッフで来てるし、今年もリタイヤなんて言ったら、社長の顔もつぶれるし、やっぱり頑張ってみる! 大ちゃんごめん!次のチェックポイントの85㌔で待ってるから!」





大 :「・・・・・・」










一人になる。

この時点で本当に限界に達し、空元気も無く、クボッチの背中がどんどん遠くなっていく姿を見るだけだった。
その上、焦る気持ちも、悔しい気持ちも無く、ただ夢遊病者のごとく、そしてもの凄く遅いスピードで歩く自分だった。

今回新調した杖も突きすぎてか、先のゴムが磨り減り、金具が見え、杖を突く音も「ガチャ ガチャ」と情けない音が響く・・・

80㌔を出た時点から、写真は一枚も無く、撮る元気、撮る事自体を思いつかず、ただひたすら、左右順番に足を前に出す作業のみ。
そして、足の裏の激痛に耐えるだけ。

そんなボロボロの精神状態で数時間・・・
85㌔チェックポイントに到着・・・  AM8:45 歩き続けて25時間






居ない! クボッチが居ない・・・
待っててくれるって言ってたクボッチが居ない・・・


そうだよな~、こんな遅いわくしめを待っててくれるわけ無いよな・・・(**;)
チェックポイントを見渡しても居ない・・・
なんと、その代わりに「シンチャン」が居たーーーーーー!びっくり!
休憩しながらこっちを見てるーーー!
でも、かなりしんどそうで、顔に笑顔もなく、今にも倒れそうな顔で

シンチャン :「大ちゃん、いこうや~」

大 :「ほうじゃね~」

二人 :「・・・・・・」

嬉しかった、凄く嬉しかった、やっぱり一人より二人。
気分も少々上向きになってきたが、わたくしめ休憩無し・・・そんな時間も無し・・・

足の痛みは止まらない、リズムよく激痛が走る。
完全に足の裏のマメがつぶれた感触も伝わってくる。
でも、一人じゃない!二人だー!



・・・・・




そんな事も一瞬の出来事で、次の瞬間はシンチャンにおいて行かれ、又もや一人に・・・
もーこの辺りが、肉体的に最高の地獄だった。
一緒に歩く人も居ない、ただ自分との戦いだった。

この大会に出る前は「痛いのは皆一緒で、気持ちの問題。痛いから歩けないのではなく、自分に負けるから歩けないんだ」と思っていた、真剣に思ってた、今でもそう思う。

がっ もう歩けない・・・・

5分歩いては止まり、また歯を食いしばり歩いては、止まり・・・
そんな連続。
一人・・・又一人と追い抜かれていく・・・。

長い、長い、長い道のりだ。
地面に座ることも出来ない、倒れこむ込む事は出来ても、膝を曲げしゃがむ事は不可能。
歩きながら、腰掛ける場所を見つけ、そこを目標に歩き、腰掛休憩。
腰掛ける場所が無ければ、自分の膝に手を着き大きく息をする・・・
そして、どんどん追い越されていく。

普段から柔道をしてる自分が、体力には自信がある自分が、見るからに痩せていて、スポーツしてなさそうな人に抜かれていく。
絶対に走っても、飛んでも、戦っても勝てそうな人にどんどん抜かれていく。
情けない、情けない、泣きたい気分。



次の90㌔のチェックポイントのタイムオーバーは10時30分。
もう休憩できない。
もう休憩してはいけない。
休憩したら間に合わない。
歩け歩け!自分よ歩け!
歩け歩け!自分よ歩け!
足を前に出せば良い!お前の足を順番に前に出せ!
出来る出来る!自分頑張れ!






半死状態で90㌔地点到着・・・・ AM10:15  歩き続けて27時間



倒れこんだ・・・・

周りの事も、人の目も気にせず、そのまま倒れこむ。

シンチャンとクボッチが居た。

お互いに目で合図。

わたくしめそのまま地面に倒れこみ、リュックを背負ったまま眠ってしまいました。

最高に気持ちよかった・・・これで全てが終われば・・・

全てを解き放って、全てが終われば良い・・・







スタッフの方 :「起きて下さい!、タイムオーバーになりますよ~!起きて下さい!」

大 :「あっ ハイ・・・」

ただ数分眠っただけだが、体に異常が発生!




つづく・・・・




次回、100㎞歩け歩け は最終回になります。
最後まで読んでやって下さい。

本日訓 「2000円のランチも幸せ、地面に倒れこみ寝るのも幸せ、知ってます!」


おしまい~
 

三原市Z様邸ガーデン工事/第1弾 

いや~~、ここの所、活報がおろそかで、前回は顔写真のアップまでブログに登場し、ハッシーに「信じらんなーい」・・・ などと・・・(ーー;)


そんな風当たりにも負けずに、本日も 「おやしたーっす!

常にマイペースを装う  大  です。





新しい活報。
ガーデン工事です、以前に庭の全体的なイメージを変える工事に入らせていただいたお宅です。
この度は、大まかのゾーニングの中に、具体的な構造物などをデザインして造っていく事になりました。
この度のゾーンは!↓
DSCF6553.jpg

この部分に何かを・・・?
はて?
最近よく求められる庭の形態で、癒しのスペースを求められる事が多くなってきました。
普段の生活から少し離れられるような、場所とシチュエーション等を希望されます。

この度の工事もどちらかと言えばそういった、別空間造りの工事です。
では何をどうする??




この写真は↓会社の事務所の入り口。
DSCF6561a.jpg

なにやら「タシマッチ」が解体を始めました・・・
そうか!そうみたいです。このトンガリ屋根(既に解体されトンガっていませんが・・・)を使うみたいです。

なんとなく想像出来そう~なのは、私だけ?

次回お楽しみ~。





本日訓 「頭の中をレベルアップと同時に、心のレベルアップも御忘れなく」


 おしま~い マンゾクマンゾク

100 km歩け歩け! 地獄からの脱出 

つづき・・・・



歩けば地獄、止まるも地獄の中で60㌔チェックポイント到着 PM11:45到着 歩き始めて16時間・・・


ここのチェックポイントはテントも無く、ゼッケンチェックだけです。
コンビニの裏ではマッサージ専用のテントはありましたが、そこまでも行く元気が無く、コンビニの軒下に座り込みます。

深夜、雨の中、息は白く、床は冷たい濡れたタイル張り、それでも気にせず座り込みます・・・雨がしのげれば、ただそれで良い。
普段、誰が座りますか?  
あなた座り込みますか?
もー、気にしてはおられません、小さな事は全然気になりません!「歩く、歩き出す、歩き続ける」そんな単純な事に全精力をつぎ込んでいますので、それら以外の事は気になりません。



「戦争中の兵隊さんが山の中を重たい武器を持ち、歩き続け、倒れた者は置いて行かれ、死んでいく・・・」
「生きる事が精一杯で、小さな事は気にならない、皆で協力して生き延びようよ!」
 変な話ですが妙に自分の中でラップした気分でした。



その60㌔チェックポイントも嫌々ではありますが、スタート、AM0:15。
50㌔から60㌔が案外楽で、少し気分的に楽になった。

今冷静になって考えると・・・・
あの区間は皆が楽だったと言っていた。勿論シンチャンやクボッチも。
あそこの区間は、実際10㌔無かったのではないかと推測する。
多分正解。

そんな楽した後だから?
60㌔からは辛い・・・・
かなりヤバイ・・・
シンチャン、クボッチに付いて行くだけで精一杯・・・・

「シンチャーン、しんどいよ~  クボッチ止まろうよ~」
聞こえないように言う。



俺・・・



もう、ダメかな?



置いていかれるかな?



足の裏が痛すぎる、この痛みをまだ12時間受けなければいけないの?



俺はもう無理だよ。



このまま、一人で止まったら、2人は気付かず行ってしまうだろうな・・・。



激しい雨の中、カッパを着ていてもずぶ濡れで、考える事はマイナスイメージばかり。
あ~、でも負けたくない!
捨て身の作戦を考えた!


最後の力を振りしぼり、2人を追い越し前へ!
2人は、「おっ、大ちゃん元気~!」ってな具合。

わたくしめ、最後の力を振り絞り、2人を引っ張り、次のコンビニで休憩~
もう、これぐらいしか、置いて行かれない方法が思いつきませんでした。
マイペースでコンビニの軒下に倒れるように座り込み、「ちょっと休憩(*_*;」。

2人は、「休憩まだ早いよ~(;一_一)ペース乱れるよ~(ーー;)余計な事すんなよ~(-_-;)」って雰囲気でしたが・・・・
気を使ってくれて?察知してくれて?「うん、じゃ~ちょっとだけね(^_^.)」って・・・・

     ウレシカッタ・・・ 63㌔地点 AM1:15


そして又スタート。
この辺りから、あまり記憶が有りません、ただ思い出される事は、寒さと、足の痛みと、眠さと、全体的な不愉快さ加減。

とにかく、歩きます。
ひたすら、歩きます。
足を一歩一歩前に出すことを止めない、ただそれだけ。
続けます、続けるだけ、右左、右左、右左、右左、続けて動かします。

足を着いた時の痛さも、同じリズムで、同じ痛みが続くので、痛みが麻痺してきます。
ただ、麻痺しても痛さは少しづつ激しくなっていきます。

2人になんとか引っ張られ、70㌔地点到着、 AM3:20  歩き続けて21時間。
もうボロボロです、そんな言葉がピッタリです。
シンチャンもクボッチもボロボロです。
昨年、クボッチもシンチャンもこの辺りでリタイヤしたらしく、色々な思いが有ったのではないかと感じました。

ここで、始めてボランティアのマッサージを受ける事に。
始めは断っていたのですが、その方が見かねて?「そのままでいてください、軽く揉んでおきますから~」ってすんなりと。
いや~気持ち良かった!
でも基本的にずぶ濡れ! ソックスもずぶ濡れなので、その部分は断ろうと思っていました、「あっ、そこは濡れているので結構です」って。
実際にそう言ってみたら、
「当たり前ですよ~みんな濡れてるんですよ、雨の中一生懸命歩いているのだから濡れていますよ、気にしないで下さいね、そんな事よりどちらから来られてのですか~?」みたいな感じで、最後までマッサージを受けさせていただきました・・・。



        泣きました・・・



そして雨が止みました・・・


そして夜が明けてきました・・・
D1020041.jpg



次は80㌔地点に向けて歩き出します。
80㌔地点はわたくしめの中で、思いが有りました。
「目標を80㌔にしよう、80㌔歩ければ、後の20㌔は這ってでも行ける、ゴール出来る」
って思いがありました。

80㌔までのこの区間も結構ヤバかった。
もうこの辺は、メモは無いです、休憩してもグッタリ座って、マッサージや飲み物、食べ物、等などで、メモまで思いつきません。
何時にどこで休憩したかも分かりません・・・

そして80㌔地点到着。 多分AM7:10頃?  歩き始めて23時間位
このチェックポイントは蟹汁のサービス、プロの整体士のマッサージ等がありました。
ですが、グッタリしてます、蟹汁を3杯頂く。
もう雨が降りそうにないので、着替える事に。
寒いので上半身だけも着替えたいと、思ったが、着替えがない。
カッパを着るので長袖Tシャツに着替えた、もう半袖のTシャツしかない・・・ でも濡れた物を着ておくのはもっとヤバイので、やはり着替える事に・・・ 半袖Tシャツに・・・


D1020040a.jpg


結構自殺行為だった・・・?
しょうがないので、せめて首巻でもと、耳当てをクビに下ろし少しでも暖めようしたが、寒い。

寝ていない、疲れ果てている、重なって少々寒くても、平気だ、いつものように感じないし、風邪ひくかな~?とか考えない、考えられない。
結果オーライか?
D1020037a.jpg


疲れ顔↑ですが、さ~勝負は大詰め!
当初思っていた最後の20㌔は這ってでもゴールしてやる!って思っていたものの、実際にラスト20㌔地点でも、本当に自分はゴール出来るのだろうか?と不安ばかりだった・・・・


そして本当の厳しさ、辛さ、我慢所がココからの20㌔からだとは、この後すぐに思い知らされる事になる。
そして、最悪の出来事が・・・・。




つづく・・・




文章が長くて、しんどい。 でも長くなってしまう(-_-;)


    元気の印   オヤシータ!   大   ですっ ウイッス



本日訓 「痛いのは皆同じ、感じ方は人それぞれじゃけ~ね」 でした。

    おしまい。

ハッシーのつぶやきvol.21 

はぃ!今日は38位です
         



我社には「セダムの会」というのがあります。(あるそうです。)

セダムの会とは
三平で庭やエクステリアを施工して頂いた方々が集まり発足した会で、
工事が完了してやっと自分の物になった時の戸惑い、植えた木を上手に育てられるかもっと花を植えたいといった悩みや希望を持った仲間が集まり意見や知識を分かち合う事で、もっと素敵な庭になれば・・・という思いで年に数回集まっています
三平とご縁のあった方はもちろん、庭や花や木に興味のある方、これからガーデニングを始めたい方・・・どなたでも歓迎です


しかーーーし!!
最近はちょっとお休み中です・・・スミマセン


ちょっと話は変わりますが。
今日は朝から市場で仕入れてきた植木を展示場に仮植えするのを手伝いました
どれもお客様のうちに行く植木です
3mぐらいある木から小さい下草までいろいろありました。
植木が増えると展示場が華やかになります

でもこれから落葉の時期なので掃除が大変そうです・・・・

100 km歩け歩け! 地獄の入り口・・・  

つづき・・・



30㌔のチェックポイントで一休みし、再びコースに戻り歩きます。PM3:15
ところが、休憩の時、自分でマッサージし、シートの上でストレッチもしました。
ですが、歩き始めると足が重い・・・・

スピードが出ない・・・

練習で河内駅までの往復の時のような痛みを感じ始めます・・・

足首、ふくらはぎ、腿・・・

同じく「シンチャン」に「クボッチ」も何やら痛そうな気配が。
ですが、二人曰く、「休憩したら始めはこんな感じで痛いんよ、直ぐ治るから!」

よかった・・・・・、その通り2~3分したら治ってきて順調に、軽快に歩けだしました。ヨカッタヨカッタ・・・

少し疲れが出始めましたが、歩ける歩ける!行ける行ける!
誰も写真を撮らないので、自分でパシリッ↓シンチャンと。
D1020051a.jpg

快調に40㌔地点に向かいます。
歩いているときはやはり時速5㌔位を守って歩きます。
次の40㌔チェックポイントまで2~3㌔って所で、海沿いになり、うわ~気分爽快!こういった景色が背中を押してくれます。
何を言われるのでも無く、励まされるわけでも無く、応援してくれるわけでも無く、ただ景色が心にしみます。
そして疲れや痛みも軽くなります・・・凄いですね、人間ッテ。
D1020046a.jpg

少し薄暗くなり始めてきましたが、この景色を横目で見ながらスタスタ歩いると、クボッチがボソッと言いました。


クボッチ
「大ちゃん(実際はクボッチとは、仕事の取引先なので大ちゃんとは言いませんが・・・)、海の向こうの陸に明かりがみえるでしょ!」(写真には写っていませんが、写真の右3分の2辺りです。)


「うん見えるよ、かすかに明かりが見えるね、キレイじゃね~(^^♪」

クボッチ
「キレイでしょ~、そしてゴールは、あそこよりもう少し遠い場所なんですよ~」


「クボッチ今なんか言った?    言ったよね・・・     ゴールの場所言ったよね・・・・(ーー;)   そう言うのは困るんだよね~    やる気を無くすと言うか、戦意喪失すると言うか・・・   まあ~    まあ~ゴールが見えたんだから許すよ・・・」


かなりショックでした、ガックリきました。



悪いことは続くと言いますか、この辺りから雲行きが悪くなっていきます。

クボッチに果てしなく遠いゴールを見せ付けられ、フラフラしながら、40㌔チェックポイントを目指します。
そんな時、どこからか音がします、ポチ、ポチと。
わたくしめのユニクロで買った、100㌔完歩専用ウェアーにあたる音?。



空を見上げると・・・  雨って、こんな落ち込んでるときに降らなくてもいいのに、そしてこれから夜で寒い、海沿いを歩くので寒い!
なんでこんな時に降るかな~   まったく・・・




やっとの思いで40㌔地点についた頃には、雨も本格的で腰を降ろす場所が無い・・・
ストレッチも出来ない、休めない・・・ 

そんな事も大事だが、カッパを着なきゃいけない・・・
リュックにもビニールをかぶせなきゃ・・・
コンビニの軒先を借りて着替えます。
「チキショー、座りたいよ~、足をモミたいよ~、ストレッチしたいよ~、夜空を見上げてタバコ吸いたいよ~」

現実は厳しく、シンチャン、クボッチが、
「大ちゃん行くよ!みんなどんどんスタートし始めてるし、時間も余裕は無いよ!」

「は~・・・・い・・・」



今思い起こせばこの辺から、かる~く地獄への入り口だったのかと思います。
40㌔地点をスタートした時から他のグループと団子状態になり、10人位のグループで歩くような状態になりました。
みんなペースを合わせ、声をかけあいながら、一歩一歩進んで行きます。
わたくしめも、この集団から脱落すると置いて行かれるので一生懸命ついて行きます。


ですが、見知らぬ人が、一人・・・・・・ また一人・・・・・ と脱落して行きます。
同じグループの人も、やはり遅い人のペースに合わせる事は出来ないので、ペースは崩しません。

「おーい、次の50㌔チェックポイントで待ってるかな~、頑張れよー!」

みたいな感じ。





歩く、歩く、ひたすら歩く、止まる事は許されません。

一歩一歩、ひたすら歩く。

この辺りで、足の裏が痛くなりました、足を着く度に針で足の裏を刺すような痛さが、ジンジン伝わってくるようになりました(-_-;)
今すぐ、横たわりたい! 今すぐ、倒れても良いから止まりたい・・・そんな事ばかり考えながら、前の人の足元を見ながら、暗闇を進みます。




ひたすら歩き、歩き、歩き、歩きまくって、フと前を見ると、明かりの所で手を振ってる人が居ます。
もしかして!もしかして!チェックポイントー!
やった~、やった~、やった~、やっと座れる、休める、ご飯も食べれる、タバコも吸える!

やった~やった~・・・・・・やった~・・・・PM8:30 歩き始めて13時間
D1020045aa.jpg

到着しましたが・・・・
雨よけでテントを張っていましたが、みんなグッタリ疲れた様子で、マッサージの順番待ちで野戦病院状態・・・・
あっちこっちでは「イテテテーーー、ウーーーー、」などと疲れきった悲鳴が聞こえます。
笑ってる人はいません。みんな下を向いたて地面を見つめていたり、なんでココに居るんだ~?みたいな表情の人ばかりで、重たーい空気でした。

今回の50㌔ポイントはリタイヤする人続出。
ボランティアの人がリタイヤした人に肩を貸し、車まで連れて行きます。
リタイヤする人でまともに歩ける人は居ませんからね。

なぜか思った事。
「目的やゴールは与えられても、目標や手段は自分自身なんだ!」と強く決意し、歩いていました。

今考えると、その時の状態と、どう関係が有るのかいまだに分かりませんが・・・。


雨が本格的に降り出します。
気が付くと全身ずぶ濡れ、靴からパンツ、頭の先までずぶ濡れです。
カッパの意味がほとんど有りません・・・国道沿いでは、車から飛んでくる水を頭からかぶり、大きな水溜りにはまり・・・・。

息も白く、手の先、足の先が冷たくなってきている。

まさに地獄・・・・  これだ、これがみんなの言ってる地獄なのか・・・
主催者の言ってた地獄なのか・・・

この辺から、わたくしめのメモ帳の文字が極端にきたない。
中には読めない物も有る。
それに、あまり書いてない、書けなかったんだろうな~(>_<)

書いてるのは

歩くのを止めたい・・・

お風呂に入りたい・・・

腰がブチッってなりそう・・・

完全に足の裏の皮が剥けている・・・

足の裏が痛い痛い・・・

 言いわけめいた文ばかり、ハズカシー^^;


一歩は一歩、とにかく一歩ずつしか進めません、たった一歩ですよ~
文明なんてクソクラエ!
俺は歩いてるんだーーーーーーーーーーーー!

60㌔チェックポイント到着 PM11:45到着 歩き始めて16時間・・・

歩けば地獄、止まるも地獄・・・

つづく・・・・



そんなこんなで オヤシター! の 大 でした~




本日訓「目的やゴールは他人に与えられても、目標や手段は自分自身じゃんか~」~

三原市I様邸エクステリア工事/第3弾  

この独り言、何を伝えるためのブログ?個人の日記? いえいえいえいえいえいえいえいえ・・・・ ガーデン・エクステリアの設計施工の三平の活動報告のブログです。

最近はじめて見られた方には到底理解できない内容になっていますね~。
  反省。







    負けない、負けない!     でーーーーーす。

    清々しい秋空に向けて オヤシターーーーーー  ッス





この工事、完了しています。
100㌔歩け歩けブログにおされて、おろそかになってしまい今頃の活報です。スンマセン・・・

施工前の写真が↓こんな感じでしたね~。
DSCF6215.jpg




どんどん工事が進んで、表札以外の施工は完了。アイアンの表札待ちです。
DSCF6538.jpg

全体写真を撮っては来たのですが、逆光・・・(;一_一) 玄関周りが全然写っていませんでした、トホホホホ・・・
まるで亀ちゃん撮影みたいでした、なんて言ったら失礼かな? 当りかな?
アプローチから玄関に向けて歩く時、玄関の扉やポーチがあまり見えないほうが、凝った感じになるので、ソヨゴを植え込み、チラッと隠します。


門柱に何やら棚がくっついていますね。
三平では良く有る施工ですが、プランターや置き物を置ける仕様になっています。勿論何も置かなくても様になるような、平たい煉瓦を使っています!
DSCF6539a.jpg



逆光で写真が撮れなかった為、反対側から写してきました。
道路が玄関より高いため、視線が気になります、そこで植栽を玄関周りに集中して植え込み、少しでも視線をカットします。
もっと沢山植えてもカッコイイですね。
DSCF6541.jpg




次回は、完成全体写真を撮って来ますので~、おたのしみに~。







本日訓  「秋の空に吸い込まれて消えても、許す!」



          おしまい

100 km歩け歩け! スタート・・・ 

つづき・・・・

足のテーピングも万全!サポーターも万全!梅干もリュックに入れて、予備のテーピングに、タオル、替えのTシャツ、ティッシュ、ハンカチ、等など何度も荷物を確認し、集合場所へ。

ホテルのフロントから会場にバスで移動し、受付の玉通浦グランドに行って見ると、な、な、な、なんと人人人人人・・・・・でした。
D1020063a.jpg

そうなんです、参加者が609人!ビックリですね~、凄い人です(@_@;)
そこから、持って歩く荷物以外はゴール地点へ運んでもらえます。4tトラックが4台来て、ゼッケン番号順に仕分けし、預かっていただきました。

そろろそろスタートだ・・・・ドキドキ。

開会式で、主催者の七福醸造株式会社の犬塚社長さんから挨拶がありました。

「今回の100㌔は完歩する事は目的ではありません、完歩は練習して慣れれば誰でも出来ることです、70歳以上の方も毎年出場して完歩されています。」
「出来ることなら完歩しないで下さい、そこで地獄を味わって下さい、自分の弱さと向き合って下さい、人の温かさを感じてください、人を助ける喜びを感じてください、もしゴールにたどり着いたら、完歩した自分に感動して下さい。」

む~~ん良い事言うな~(>_<)、わたくしめもその地獄を見せてもらいに来たのだ・・・感動を味わおうと来たんだ・・・ などと考えながらうなずいておりました。

そして、
「ただ・・・ コレだけは言っておきますよ~!、良いですか?  だけはかけないで下さい、本当に無理、と思ったらやめて下さい。」

えーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(;一_一)命落とす人が居るわけーー?ンな事無いよな~(-_-;)
少しビビリ気味・・・。
ですが晴天の朝、空気は美味しくスタート準備にかかります

こんな方達で気持ちが和みます~
D1020068a.jpg

こんな方を見ると↑、なんだか簡単に歩けそうーなんて思ってしまいました。
ところが、チェックポイントで服を着替える準備までされていました、大会を盛り上げますね~。



D1020065.jpg

一番左のゼッケン230番がダイアックス社長の「シンチャン」ゼッケン331番はわたくしめ大~、右の288番が住建リースの久保さん(以後「クボッチ」にて)

この大会の出場がシンチャン2回目、クボッチ3回目~二人とも完歩経験無し~
シメシメ・・・わたくしめ一回で完歩し二人を驚かしてやろ~なんて心の中でたくらんでいました。



スタート~とうとうスタートです、AM7:30。
ですが、609人が一斉に国道の歩道へ出るので、なかなか動きません、信号にも引っかかりすると、渋滞で無く停滞です・・・(-_-;)・・・
スタートダッシュが肝心なのに~・・・ 

ま~制限時間が30時間ですから、30分ぐらいのロスタイムは影響ないでしょうなんて思っていました。
実際は30分、は大変重要な時間でした、5分でも実は無駄には出来なかった・・・と気付くのは後半戦でした、AM8:00。

ま~最初は楽しい、気持ち良い、嬉しい、でニコニコ顔で歩けます。

D1020060a.jpg

クボッチ、シンチャン共ニコニコ顔ですね。
今思えば後半戦の、あの苦しそうな顔はこの時点では想像出来ませんね~。

目的地はとりあえず30㌔のチャックポイントです。
そのポイントへ16:30までに到着しなければいけません。その後も40、50、60、70、80、85、90、97、100㌔、ゴールです。
すべてのポイントへ制限タイムがありクリアーしていかなければなりません。

30㌔は体験ゾーンですから、怖くも辛くも有りません。ただペースが速い!
クボッチ、シンチャンは経験者なので、置いていかれないように後に続きます。
時速5㌔ぐらいは出てるかな~と思うぐらい早いです。
時速5㌔で歩いて、休憩やトイレタイム、食事タイム等を考えると、平均時速4㌔とします。
30時間歩いて120㌔・・・ギリギリでしょ!? それに絶対に後半は時速5㌔なんかで歩けるわけない!4㌔、イヤイヤ~3㌔ぐらいまで落ちるに違いない、休憩の回数も増える、そう考えると時速5㌔はキープしておかなくては・・・
完全な早歩き・・・(*_*;

そんな事を考えると、大変な所に来てしまった・・・(ーー;)ヤバイ完全にヤバイ・・・

途中のコンビニで昼飯~、この辺の休憩は楽しいです。周りの皆もニコニコでコミュニケーションをとりながら再スタートに備えます。

だんだんと足首に痛みを感じ始めたり、ふくらはぎが張ってきたりと、体に変化はおきてきますが、まだまだ我慢できるぐらいなので歩き続けます。
そして始めてのチェックポイント、30㌔地点。
みんな疲れてはいますが、楽しそうです。
ここで、バナナとドリンクとチョコレートを頂き、栄養補給ー(^_^)vD1020050a.jpg



ここからドラマが始まります・・・。

つづく・・・。




ガーデン・エクステリア工事の活報も忘れずに・・・の 大 です!
      元気に オヤシター



本日訓  「つづく・・・で、どんどん離れる読者、帰っておいで~(;一_一)」


    おしまい。