トラディショナルエクステリア工事/第1弾 

春だ!三原は選挙だ!


って事で?昨日ポポロで三原市長選の公開討論会を聞きに行った。

ドキドキしました・・・ なぜだ?

やっぱり押している人がいるからだろうか、誰とは言いませんが。

そんな事より気になったのは来場者の少なさ。

ポポロの2階席までいっぱいになるだろうと思っていたし、主催者側も

外のスペースにも大きなモニターを置いて入りきれない人達用のスペースまで

確保したいたのに・・・。

2階席は必要なかったし、詰めると1階も満席にはならない状態だった。

寂しかったな~ 三原だな~。









      大です~    明るく! おやした~






では新しい活報いきます~。
まずは施工前の状態です。
s-DSCF0869.jpg
落ち着きのある建物でまさにトラディショナルな雰囲気が
にじみ出てます、一見平屋に見えるような工夫もデザインされていますね。


少しずつですが増えてきたこの煉瓦「焼き過ぎ煉瓦」を使用してます。
最近の若い人は焼き過ぎ煉瓦といっても分からない人が多いです。
ほんの15年?位前までは煉瓦と言えば、焼き過ぎ煉瓦か赤煉瓦が主流でしたね。
s-DSCF0894.jpg
全体的に進んでいますがいったいどうなっていくのでしょうか~?
楽しみです!








       んだば
スポンサーサイト

トラディショナルエクステリア工事/第2弾 

ちょっとこのブログ御無沙汰になった。

バタバタと言いましょうか、ぐだぐだと言いましょうか・・・

時間の調整がうまくとれていない、生活のリズムを変えなきゃと

思っているのですが難しいです。

生活の中に新しい出来事(今まではしなくて良かったような事柄)が

含まれてくると、自分の考え方と行動を変えなきゃ何かが犠牲になってしまう。

そこで成長するのでしょう。

ですがそれが難しい・・・ 言うほど簡単でない。

これだけ言い訳めいた事を書いていれば許しもらえる?

自分が納得する? まったかく最後までぐだぐだ思考力でございます。









    これぞ  大 です!      おやした~(*^^)v








では活報~
この低い煉瓦塀、焼き過ぎ煉瓦です。
流行り廃りのない伝統的な煉瓦、素敵です。
流されないといった感じでしょうか?ついつい私自身ですが流され気味
s-DSCF0897.jpg
服装にしてもそうだな~
流行りの物が良く見えるですよね。



駐車場入り口も焼き過ぎ煉瓦を敷きこみます。
s-DSCF0896.jpg
凛とした雰囲気が安定感を感じます。





新しい素材加工に挑戦です。
木目調樹脂フェンスの縦張り。
s-DSCF0910.jpg
ここまでは良く有るパターンです。

目隠しとしての機能があります。







そこでこの木目調板塀が・・・・

塀でなかったー!
s-DSCF0909.jpg
塀のデザインそのままで作った門扉でした~

素晴らしい~ オリジナル~ わーお

違和感無く納まっています・・・

カッコイイ・・・

トラディショナルな中にも斬新な加工を取り入れ、

それでも過激にはならず・・・

と言ったところでしょうかね(*^_^*)

つづく。












                ではこの辺で

トラディショナルエクステリア工事/第3弾 

暖かいですね~

昼寝日和ですわ~

こんな日は仕事してる場合じゃ有りません・・・(・・;)










            大です!      おやした~




朝晩は少々冷えるな・・・
ではS様邸完成です、植えこみはこれから色々考えられるそうでこの度は別途工事になりました。
資材を一つ一つ吟味されましたから拘りの逸品です。
決して派手でなく、流行に流されず長く使える物を選ぶ、
さすがです、室内のインテリアも拘りのチョイスを見せて頂きました。
s-DSCF2047.jpg
決して派手でなく、主張せず、経年変化も楽しめる。





この収納庫もこだわりのディーズガーデンのカンナです!
s-DSCF2049.jpg
焼き過ぎ煉瓦の横によく似合いますね。
収納庫はどちらかと言うと無機質だったり、シンプルな雰囲気なので
あえてこのレンガ調の収納庫です。


これで植栽が感じよく配置されると完成ですかね~。
s-DSCF2046.jpg
変化を楽しめるエクステリアが出来ました~ トラッディショナル~
S様宅の歴史の一つ加わる事が出来た事に感謝します。

今後とも宜しくです~ って少しまだ残ってるな・・・









        んだば