共にがんばろう!東日本 

毎日涙が出ます・・・







     よわよわの 大 です。     おやした~~







16年前も泣きました、阪神大震災・・・
動きたいけど動けない、考えて考えて結局動けない、そんな自分の情けなさを思い知った出来事でした。
あれから何か有るたびに思い出します、結局動けなかった自分、情けない自分。

今回はどうあれ動かねばと思い、「共に頑張ろう!東日本第8回ガーデンテーリング祭」を開催決定。
参加費用(金額は任意)と雑貨やプランターなどの売り上げ全てを寄付する事。
それも私自信がわたくしめの足で持って行ってきます!

ガーデンテーリング開催までに一度ボランティアで行ってこようと思います。
何かを感じて帰ってきます!









  共にがんばろう!東日本
スポンサーサイト

ほんの少しでもお役にたてれば・・・ 

時間は止まりませんし、一日24時間は平等ですね。








    どうしたの? の 大 です!    おやした~~







最近いつも以上にバタバタしてまして、お客様にも迷惑をかけてしまったりしております。

その上今日から5月2日までの4日間不在にします。

宮城県へお手伝いに行ってきます・・ ですが3日からは仕事して遅れを取り戻しますので心配無く・・・・?

ボランティア? いえいえ少しのお手伝い程度しか出来ませんが、出来る事を出来るだけしてこようと思います。

お待たせしておりますプランやお見積りは約束の日にちは遅らせませんから

って言うほど有るわけじゃないですが・・・ アワチャン モーリに任せて



色々書くと余計な事まで書いてしまうのでこの辺で・・・









  ほんの少しでもお役に立てれば・・・・

まずは連絡を! 

大です!オヤシタ~

もしこれから現地ボランティアをお考えの方はおられましたら、まずは現地ボランティア団体か社会福祉協議会へ御確認をお願い致します。現在は現地ボランティアが不足している場所と間に合っている場所があります。

私でも分かることはお答えいたしますが....


想いよとどけ!東日本(^^)/

ほんの少しでもお役にたてれば・・・NO2 

GWまっただ中・・・







   普通~に 大 です!    おやしたっす






一応と言いますか、このブログで東北大震災のお手伝いに行く事を書き、いろんな方々に迷惑をかけて行って来ましたので報告をさせて頂ければと思います。
ですが、これは視聴率を狙ったドラマとかではなく、現実に命の危機を乗り越へ現在も大変不自由の中で生活をしていかなければならない、そして希望さえも見えにくい現状での日常現場なので、ボランティアの詳細は割愛させて頂きます。
s-DSCF5443.jpg
私がお邪魔させて頂いたのは東松島市、未だにボランティア人材不足。
写真一枚撮るのも気を使ってしまいます。出来るだけ撮らない方が良いかな・・・
現地では何気ない言葉にも気を使うよう心がけました・・・が不適切な言動が有ったかも知れません。

テレビ局が取材をしていました(4番組も・・・)妙にイライラしてしまいました。

「俺は芸能人じゃないんだから勝手に撮るなよ・・・ブツブツ・・・」







出来る事を出来るだけですが全力でおこって来ました。
なぜかわたくしめが班長・・・・
一件一件をローラー作戦でお宅訪問し、要望や現状を聞き取り作業する。
そして要望が終わるまで、最後の最後まで何日でも次の班に引き継ぎを行い作業をしていく。
s-DSCF5423.jpg
皆さん当日の朝、班(10人で1班)が割り当てられ班長が決まりお手伝いに向かいます。
皆さん初めて出会った人とは思えないぐらいの団結力で作業を進めて行きました。

2日目の班ですが・・・またもやわたくしめが班長・・・
この日も手際よく皆が頑張り作業が進みました。
s-DSCF5428.jpg
二日目は激動でした・・・我々の班皆一同泣きました。
涙を我慢しながら作業しました。。。
世の中に神様はいないのか? 不公平すぎないか・・・
時間最後まで一同頑張りました、もちろん大方の問題解決には程遠いですが、全国から集まった人たちが出来る事を出来るだけ行いました。
それ以上は・・・


わたくしめ、16年?前の阪神大震災の時動けなった自分・・・
迷って迷って結局手伝いに行かなかった・・・
心の奥底にとどまっていた想いが有った、のに今年の県北の大雪の時も
一人暮らしの老人のお宅の屋根に積もった雪降ろし、若い者が居なくつぶれてしまう家まで有ったのに動けなった自分・・・

なんだかそんな自分に負い目を感じていた。

将来の夢は?これからの人生を10としたら3分の1を仕事、もう3分の1を家族、友人、趣味、遊び等・・・
そして最後の3分の1をボランティア活動!
そんな生活を送りたい、言葉で言うだけの将来の夢に嫌気がさしています。

これからはもっともっと思うがままに普通に活動して行きたい。

また時間を作りお手伝いをしたい気持ちでいっぱいです。









    想いよとどけ!東日本

想いよとどけ!東日本チャリティー第8回ガーデンテーリング祭 

こんにちは!







  大です。   おや~した~






春、まっただ中で幸せ感じています。

本日「楽住楽庭通信VOL43」が新聞に折り込まれました。
s-DSCF5477.jpg
ブログが一足遅かったです・・・

バタバタで・・

s-DSCF5478.jpg
こちらがB面となっております

この度のメインのイベントのお知らせはガーデンテーリング祭です。
s-DSCF5479.jpg
参加料は無料です。
チャリティーで開催なのでお気持ちだけ義援金箱にお入れ下さればと思いますが他で義援されてる方は
お入れされなくても構いません、ご自由でお願い致します。

お気軽に参加して下さいね。

御電話お待ちしております。











        春真っ盛り

フクシマの現状 

明日から寒いのか?



    大 です、  おやした。


本日はおふざけ無しでいきます。
12日の中国新聞にも出ていましたが、

  『「住民に聞く福島の今」21・22日に県内3市支援の在り方問う』
東京電力福島第1原発事故の後も福島で暮す住民に「フクシマの現状」を聞く会が21.22日の両日、福山、東広島、三原の3市である。被災地に野菜を届ける支援を続ける三原市の農家の有志たちが企画した。

福島県伊達市のNPO法人りょうぜん里山がっこうの事務局長の関久雄さんの話を聞かせて頂きました。

福島から避難して三原で暮されている方のお話も聞かせて頂きました。

広島から福島に野菜を届けるプロジェクトの活動をしている若手の有機農業家、「有機の環 かざぐるま」の思いや活動も聞かせて頂きました。
20120122145932.jpg
福島だけでないでしょうが、原発事故での色々な被害の現状を聞かせて頂き新聞やニュースだけでは分からない、人々の思い、葛藤、地域にめぐる人間関係、本音と建て前などなど・・・
直面しなければ理解できそうにない事実を聞かせていただき、複雑な気持ちになりました。
涙なしでは話せない内容にみなさん涙しながら聞きました。

内容をここでは書くのは失礼や誤解があるといけないので書けませんが、震災から10か月経とうとしていますが、日々変わっていく現状から、支援の仕方も刻々と変わっていく事を知りました。

又一つ、震災に関して詳しくなり、必要な事で出来る事を精一杯支援していきたいと思いました。
まだまだともにがんばろう東北!






エコキャップ送っています!
20120122174702.jpg
現在、三平商事は約10回で37240個送り、46.6人分のポリオワクチンを寄付した?と思います(^_^;)

ペットボトル(飲料用)のキャップありましたお持ち下さい!
シールは剥がし、軽く水洗いしてお願いいたしますm(__)m








   宜しくお願い致します~。

フクシマの現状 NO2 

寒いっすね









もう少し春はお預けか~?   大  です。   おやした!





先日1月12日に 『「住民に聞く福島の今」21・22日に県内3市支援の在り方問う』の講演?視聴しに?行きましたが、福島の現状を聞きショックを受けました。

現状にショックを受ける前に、同じ日本の国内で起きている重大な事をほとんどの人、自分が知らない事にショックを受けました。
確かに、地震や津波で住む所を失くし避難され不自由な暮らしをされている方は大勢おられます、生きる希望を無くしかけ再建しようと精一杯努力されている方も大勢いらっしゃいます。

ただ放射能の問題はそれだけではなく、再建しようにも出来ない、努力しようにも出来ない方が多くおられ、日々不安を抱えながら生活するしかない人達子供達が大勢居ます・・・どうする事も出来ない事実です。



 『「住民に聞く福島の今」21・22日に県内3市支援の在り方問う』の会を主催された無農薬、有機農法で農業をされている「さかもと農場」さんと相談をさせていただき いわき放射能市民測定室 へ三平の募金箱に集まったお金¥50,000円を寄付させて頂きました。
金額の問題では有りませんが、昨年5月のイベントでは義援金が¥140,000円(全て土のう袋で宮城県のボランティアセンター送りました)集まりましたが、だんだん集まりにくくなっていますが無理せず、末永く支援していければいいな~と思っています。







   想いよとどけ東日本!       うおおおー!

出来ることを出来るだけ....ゆうきの輪 かざぐるま 

本日は晴天なり。

晴天ですか?あなたの上は?

晴天なり、晴天なり。

晴天が次世代、そしてずっとずっと

永遠に続くと良いですね。

その為に今あなたは何をするのか~

ってね(*^_^*)








        大です~  おやしたー!  おやしたー!








本日、義援金の一部を使わせていただきました!

三原市で「ゆうきの輪 かざぐるま」という若手の農業家で

作られたネットワークグループご存知でしょうか?

詳しく正しく、説明出来ないのですが・・・

わたくしめが知っているのは、

1、有機農業をしている若手グループ。

2、福島に野菜を届けるプロジェクトに取り組んでいる。

3、農業を通して自然と共存し、未来に受け継ごうとしている。

他にも色々有るように思いますが、そこまでは知らないので書けません(>_<)

また詳しくなったらお知らせしたいです!

その中でわたくしめ一番感動したのは 2の福島の子供たちに

無農薬で放射能にも汚染されていない安心して食べれる野菜を

週に一回送る活動をされている事です。

そんな活動を三原の若い農業家が続けている、素晴らしい事です。

感動しました、ぜひ配送等の資金に使って頂きたいと思い、

「第9回ガーデンテーリング祭想いよとどけ!東日本チャリティー」

で集まった義援金と弊社受付のカウンターに有る義援金箱に集まった

約40,000円の半分の20,000を寄付させて頂きました。
s-s-DSCF0519.jpg
若者よ! 頑張れ~、まだまだ応援したいです~! おう



一緒にこんなお知らせも頂きました!
s-無題2
祝島のドキュメンタリーともいえる映画 祝の島

山口県上関町祝島、海と共に生きてきた、

そしてまだまだ代々と受け継がれるであろう…

1000年先の未来が今の暮らしの続きにあると思うと

私たちは何を選ぶのか?

s-無題
小さな島から教えられる事があるこの映画

過去ではなく未来を読み取れるヒントがあるのではないか?

そんな映画な気がします。

見に行きたい・・・なんとしても。

興味のある方はわたくしめの方へメール下さい。
sanpei@tiara.ocn.ne.jp  (*^^)v








「ゆうきの輪 かざぐるま」の皆さん
この度のブログの内容に不備がありましたらコメント下さい。

東日本大震災を未来へつなぐ旅/第1弾 

あったい?少々暑い?そんな天気はお好きですか?

わたくしめは大好き・・・

真夏の気を失いそうな暑さは大っきらいですが、汗かく程度の暑さは好きです










     おやした~ っす!     大です ヨ(^.^)/~~~








最近わたくしめなぜだか?仕事以外の活動が忙しく大変な経験をさせていただいています。
自分の持ち時間は24時間ですが、使い方が今までにない感じの使い方。
いままでは、ここまでが仕事 で 家での時間、休みの時間、趣味みたいな感じで
区切られていたのですが、今はその句切れが無くなった、そんな感じ。
色々な会合や役員会、総会、懇親会、打ち上げ、打ち合わせ等などで仕事している以外の
時間は寝てる時以外フル活動してる感じで頭の中がウニウニです。
ですが、充実し、勉強になり、人脈が広がり、そして試されます。
でも成長します! が、しかし仕事がおろそかになってます・・・最低ですな(@_@;)

頑張るぞ~~仕事も。。。






本日お知らせしたのはこちら・・・↓
s-DSCF2658.jpg
書いてある通りですが、この度の悲劇を忘れず語りつなげたいと思います。
自分たちの地元地域にも大変役に立つ事だと思います。
s-DSCF2657.jpg
主催は「まちづくり兎っ兎」の東日本大震災を未来へつなぐ旅プロジェクトです。
詳しくはわたくしへお問い合わせいただくが、兎っ兎へ連絡してみてください。
旅に参加したい! 子供を参加させたい! 協賛したい! 寄付したい!等など、
お待ちしております。





2年前の3月11日の惨劇を見て、動かずにはいられなかった。
現地へ行く意味や主旨は考えれなかった、同じ日本の仲間が
数百キロ先の地で困っている、生と死をさまよっている。
絶対に助けを求めている。もしかしたら怖いもの見たさもあったかもしれない、
だが動かずにはいられなかった。
行って邪魔になるなら大人しく帰ってくれば良い、とにかく行こう。

そんな思いで生の現状を見ました。
取り乱した人を見ました、唖然としました。
その日知り合った同じ班の10名と共に泣きました。



この度は子供たちを連れて地元で色々買い物をしてこよう・・・。

東日本大震災を未来へ繋げる旅 


三原は暑いですか? 私目はなぜか宮城県に居ます。

そろそろ梅雨明けのようで涼しいです。晴れては居ますが風が心地よく気持ちいいです。








       オヤシター!       大です(^o^)/






ボランティアで三原の子供たちと一緒に東日本大震災を風化させないために、

そして未来に繋げる為の一泊二日旅行です。

思いの外子供たちはしっかりしていてビックリしました。

また写真つきで紹介させていただきます。

一先ず帰りの新幹線の中からでした_(^^;)ゞ

20130802_123349.jpg

仕事も山積み(^o^;) 焦る~。。。。

東日本大震災を未来へつなげる旅 2013 

8月1日・2日の「東日本大震災を未来へつなげる旅」

同行していただいた中国新聞の石丸記者の記事も本日載りました。

写真のと感想を載せます。

二日間は胸が締め付けられる思いでしたし、子供達にも感動させられました。

s-20130801_055509.jpg
出発前の記念撮影(三原駅)

s-20130801_133652.jpg
ゆりあげの日和山でたまたま生き残れた方の語り部で物凄い事実を聞きました。
s-20130801_141844.jpg

大川小学校で焼香しました。
s-20130801_154807.jpg

ホテル観洋で女将さんの話を聞きました(T_T)
s-20130801_182200.jpg

ここで役5か月間の戦いが有ったのですね。
s-20130802_073605.jpg

ビーチクリーンに参加、無邪気な子供達は楽しげ。
s-20130802_083427.jpg

未だにがれきの処分は終わっていません。
s-20130802_075005.jpg

防災庁舎・・・。
s-20130802_123410.jpg


二日間の感想
広島には8月6日の原爆の日が有り、子供のころから語り継がれ、資料館やドームが当時の痛々しさを残し、日本だけでなく世界に向けて「三度許されぬ過ちと」訴え続けてくれている。私たちも子供の頃から原爆の二文字に接しながら大人になった。今でも原爆、戦争はいけない事、怖い事という絶対的な血が脈々と流れているのを感じる。そして東北の地には3.11の大震災が起こった。テレビに映る現状に目を覆うほどの出来事だった。人が流され、家が流され、命を無差別にさらっていく、大切な仲間の命を願う事しか出来ない。こういった出来事を忘れたり風化させてはならない。直後の激しく惨たらしい景色は和らいではいるものの起きた現実は何一つ和らいでいない。反対に大きな心の壁になり悲しみになりいつまでも人々の心にまとわり付き苦しめる。
そういった出来事を経験の中から学び、来世の子孫へ繋げていかなければならない。
この度の震災は自然現象だ。人為的や作為的なものでは無く起こるべきして起きたこと、地球にとって必要な出来事とも言えよう。そしてその出来事が今日これから起きるかもしれない。はたまた100年後かもしれない。だが必ずまた起こる。確実に起こる。
その時に私は何が出来るか?自分の命を守れるか?愛する人を守れるか?仲間を助けられるか?ここは考えて準備をしておかなければならない事ではないだろうか? 
参加してくれた子供達、その両親に対し尊敬に値する気持ちだ。子供たちと触れ合ってみて感じたのは「子供は本当に素直で、ただただ可愛く愛おしく、繰り返されるこの存在を大切にしていかなければならない」という事だった。
だけれどもこの度参加した子供たちは真剣に話を聞き、メモをとり凄く熱心さと事実を知りたいという意欲を感じた、一人でも多くの人に伝えて行って欲しい。そこまで出来なかった人もいつかは分からないが、この旅に参加したという事実が一生の考え方を変える一因になるだろう。
復興に関しては個人が出来る事は小さく微力だ。国策として動かなければ大きくは進まないだろう。だが我々のような個人の小さな力を終結さす事で大きな一歩を踏み出せたり、国を動かしたりすることが出来る。
地元の地域にもどりまずは家族、町内会、市単位から始まり意識を高めて自分の命、家族、町内、市を守るのは自分だという意識で対策をしていかなければならない。
まずは家族と話しをし避難場所の確認、水や非常用備蓄食料などの置き場所の確認から始める事が必要だと感じました。

本心。 

まさに秋です!気持ちいー、   おやした!     大です!


広島は大きな災害がありました。
そして多くのボランティア活動で多くの人の為に活動されていますね、素晴らしい事だと思います。
この度わたくしめは大きな動きはできていません、自分でもらしくないな~と感じています。

わたしくめの中で今までと違う何かがあります。
そう東北大震災の後、色々考え抜いた末、4月末に東松島市にボランティア活動に向かいました。
その後も色々な形で義援活動を行いました、会社のイベントはすべてその為に行いました。
いまでもその気持ちは同じですし続けています。
ですが未だに現地で見た悲惨な現状は目の裏に焼き付きどうにもならない感覚です。
自分は弱いんだな~と感じましたがそれ以上に「人間は弱いんだ」と感じました。
未だに当時の話になると涙が出ます、恥ずかしいです。

そんな出来事でか、いまだに広島市内の現状を見る勇気がありません。
本当に現地の被災者の方に申し訳なく感じいます。ですが違うことも学びました。
安易に動かない、これも大切だなと。そしていろんな角度の支援が有るんだと言う事を。
じっくり考え行動する、そして一番に地元地域の事、家族や友人、会社の仲間の事も同時に考えて行動しなければいけない事を学びました。
それぞれの性格や役割が有ってそく助けに行く人、それが出来ないけどじっくり長く支援する人等。

そうやって自分を正当化してバランスを取ろうと思っているだけかも知れませんが、現実です。
何も出来ていなくてごめんなさい。

でも何か、何かを・・・。

って思っています。

熊本の大震災 

熊本の大震災。

「大です、おやした」

怖いです、地震、考えただけでも恐怖です。

今日有志で集めた物資を熊本へ運んでもらいました。
s-IMG_1393.jpg
もう出来る事はこれぐらいしかありません。

去年の男旅(バイクに乗って鹿児島の知覧へ行き、特攻平和記念館で先輩方に挨拶し自分に気合を入れ直す旅)の時に、バイクが故障して助けてもらったショップが熊本でした。
電話して安否確認しました、無事でよかった・・・。

この度、有志でお金を出し合って物資を購入しました。
それを届けてもらいます・・・私は行きません・・・。

5年前に東北の大震災の時に、「行かねばならぬ!」と決意し
スコップを持っていきましたが、物凄い現状にショックを受け
未だに引きずっています。
自分には耐えれないものを見てしまいました。
ですが現場はそんな事は言ってられないでしょう・・・。

情けないですが、これで限界です。

少しでも救われる方がいらっしゃる事を願っています。

少しでも。

熊本へ義援金をお届けに・・・ 

暑くなってまいりました~!

昨日は疲れ果ててバタンキュ~~で眠ってしまい

朝方かゆくて目が覚めました

暑くて窓を開けっ放しで眠ってしまい

蚊に沢山かまれました (+o+) 負けませんが・・・。


    そんな  でござまいす! おやしたー!


5月22日「想いよとどけ東日本チャリティー第12回ガーデンテーリング祭」
を開催した事は先日のブログで書きましたね。
その時に、チャリティーイベントという事で、熊本震災でも
義捐金を募集させていただきました。

その日一日で皆さんの熱い思いが\10500円集まりました。
そのお金を届けないといけないのですが・・・

私毎年この時期に鹿児島へ行きます。
目的は特攻平和記念館へ行き、日本を支えて下さった
先輩方へ挨拶に行きます。
特に深い意味は有りませんし、右とか左とかも有りません。
純粋に、あの凄い時代に生きた人達に呼ばれているというか・・・
引き込まれるというか・・・

上手く表現できませんが、行かないと気がすまないのです。

上手く言えませんが、そんな感じです。
で!その時に熊本へ義援金を持ち込もうと考えました。

私オートバイが大好きで・・・
要するにツーリング??
いえいえそんな遊びじゃ~
交通手段がオートバイなだけで・・・

こんな感じで荷物を積んで走って行きます!
IMG_1774_20160610215229d0b.jpg
二泊三日なので野宿できるように荷物を持って行きいます
え~~キャンプ??
いえいえ、宿泊手段が野宿って事で・・・


こんな感じで爆走していきます。
IMG_1783.jpg
勿論制限速度以下での走行です

地図を見ながら・・・
まだここか~ って感じですかね?(笑)
IMG_1886.jpg

先に鹿児島へ行きましたのでひたすら走ります・・・。
s-FullSizeRender.jpg
往復1500キロの旅ですのでかなり走りどうしなのです。

鹿児島へ行き始めて3年目、今年も色々な出来事がありました。

続きをまた書きたいと思います~ 

熊本へ義援金をお届けに・・・ 第2弾 

梅雨入り真っ只中!

良く降りますね~

仕事が進まなくイライラが続きます。



   でも、元気よく   大 です!   おやした~!(^^)!


では鹿児島&熊本義援金届の旅の続きです。

いつもこの旅は一人で行きます。
特別理由はないですが、行く日にちが平日という事もあり
なかなか仲間と行きにくいことと、
一人もなかなか良いかな~と思っています。
ですが今年は柔道部の後輩でもあるS君と二人でいく事になりました。
ですので写真はS君が撮影してくれました~

熊本市内はオートバイの路上駐車が厳禁の街です。
オートバイを有料駐車場に置く、といった常識のない私たちにとっては
駐車場を探すのが大変でした
でもその徹底ぶりには脱帽です。

なんとかオートバイを停め歩いて市役所へ・・・
IMG_1848.jpg
熊本城もテレビで見る姿でした・・・
凄い光景でした、お城以外にもビルや住宅も斜めになったり
ペッちゃんこになって潰れているものあり、
まるで映画のセットのようにも見えるほどです。

市役所に行くと、被災者への対応の特別コーナーが作ってあり
沢山の人が順番を待っておられました。
色々な所で災害の爪痕を感じました。
IMG_1867.jpg


市役所の一階の「総務企画課」で義援金の受付をされていました。
そこをたずねると、お昼休みにも関わらず、若い女性のスタッフが
対応をしてくださいました。

・三平の会社紹介・・・
・毎年行っているイベントの内容、主旨・・・
・5年前から東北の震災のチャリティーで行っている事・・・
・今年は4月に熊本震災で急遽熊本チャリティーも追加した事・・・
・その事をうちにスタッフ、もーりがバスの中で熱く語った事・・・
・熱すぎてお客さんが引いた事(笑)・・・
・震災チャリティーに対しての主旨・・・

IMG_1868.jpg
イベントの募集した時の「楽住楽庭通信」と手紙を同封し手渡しました。
その場で開封して読んでいただきました。
熊本義援金
なんと、説明を一通り聞いていただき、その手紙を読んだ女性スタッフの目には・・・






なんと・・・






 涙ぐんでいるではありませんか。

えっと思いましたが・・・

女性スタッフの身近な所で

大変な出来事があったのかな・・・

私もその事に関して何もいう事は出来ませんでしたので

IMG_1871.jpg

「有効的にお使いください」と手渡してまいりました。

「かしこまりました」と、受け取って頂きました。

金額としては¥10,500円でしたが、金額ではないんですね、

じゃあ何か?は分かりませんが、とりあえず行動するって事が

大切で、一番難しい事ではないかと感じています。

これからも我々のテーマでもある

「出来ることを出来るだけ・・・」を続けて行きます!

これからも皆さんのご理解、ご協力よろしくお願いいたします!

心 温まる出来事 

寒くなってきましたね。

風邪ひいてないですか?

私は大丈夫です(#^.^#)




    ブログは停滞してますが      おやした!

                      大です!   元気です。




庭や外構の写真載せたいのですがちゃんと撮ってないので・・・^^;



先日ホームセンターにいましたら声をかけられた。

何年ぶりかにお会いしたお客様 K様。

「林さん!林さんに会いたかったんよ~(#^.^#)」

なんだか嬉しい台詞で声をかけて頂いた。

そのお客様、年齢は80前後で一人暮らし。

初めてお会いしたのは約20年前、当時家には奥様と息子さんも家にいらした。

それから5年に一度くらいのペースで住宅のお困り事を仕事として

依頼いただいていた。

あれは二年前だったか、奥様がなくなられ仏壇置いている場所のリフォームの依頼。

その時に私に涙ながらに語られた。

「林さん、わしは一人になってしまったよ、一人がこんなにも寂しい物とは

思わんかったよ、人生ってこんな感じで終わって行くんだなと・・・」

もともと亭主関白な感じでしたし、私に対しても厳しい方でした。

見積もりの出し方が悪い、提案が甘い!わしの思いを汲んでもらっていない!

一番印象に残っているの言葉は

「あんたは忙しすぎる、いい仕事をしているのだからもっと余裕をもって出来るように

しなさい、片腕を早く作りなさい」と言って頂いた事。


最初は私の事が嫌いなんだろうなと、少しでも安くする為に言われているのか?

とか思っていたが、段々お付き合いが長くなると本気でアドバイスを

してくれているのだなと分かるようになってきた。

色々な物も頂いた、使わなくなった寝袋とか・・・テーブルとか・・・


そんなK様、今度はエコキャップの収集をしているのをご存じで

家で集めて下さったものを私に渡そうと持ち歩いておられた。

会社に持っていこうと思いなが、、もし私が居なかったら・・・

と、思いながらメモを付けていたらしい。

IMG_3635.jpg
IMG_3636.jpg

なんだかこんな事ではありますが心が温かくなった。

そんな報告。。。


キャップをどうやってこのボトルへ入れたか?
そこの話題では有りませんから・・・

西日本豪雨土砂災害/第2弾 

気持ちがぞわぞわする。
多分夜もちゃんと眠れていない
そんな人多いのではないでしょうか?

私もその一人    大です   おやした~。

自然は恐ろしい、人間には調整できない
自然だから・・・そう自然

自然の意味を調べると
「文明に影響されない 野性的で原始的な状態」
ようするに自然、ナチュラル
要するに普通であるさま

だから災害も普通で当たり前

滅多にないから対応不能
対応不能だから想定外
想定外だから準備不足
準備不足だから被害拡大

イノシシ問題のように
人間のテリトリーに野生動物被害なのか?
野生動物のテリトリーに人間侵入か?
開発が野生動物に行き場をなくし
開発が災害を拡大し
人の命を奪っていく

開発し便利にし
お金を儲ける人がいる
経済も回る
また儲かる人がいる
でも災害は拡大する

結局自分の身は自分で守る
という事になるのかな

どちらにしても最低限の準備は必要
家族や組織で何かあった時の手順
飲み物と食料、水の保管、トイレ問題
この辺りは準備してないほうが悪い

自分の身は自分で守ろう

私も少し甘かったな・・・
停電対策も忘れずに。。。