お色直しリフォーム工事/第1弾 

大です。


暑い日が続きますが、なんだか少し涼しくなる気配がしてきましたね~立秋も過ぎましたし

なんだか紅葉が待ちどうしい様な少しさみしいよな・・・気がします。

とにかく今の暑さは人間には体に悪いので早く終わって欲しいですね。





でもでも仕事をしなくちゃいけない・・・
みんなで8月は仕事しない月として国で決めてくれればいいのに・・・
指定したコンビニと医療施設、それに付随した業種以外は休み! 警察、消防などの必要種目と農家や畑仕事は良い! 決まりを破って仕事をしたら懲役~的な・・・ そんな過ごし方理想です。。。

でもでも普通に倒れる寸前で現場作業、匠の技は進みます・・・
この度の活報はお色直しの外見を重視したリフォームですね。


DSCF4005.jpg
目が覚めるよなブルーな瓦が乗っています。
この時代の瓦は焼き温度が低く強度の弱い物が出回った事が有るので要注意です。
歩くと割れやすく、棟は雨漏りし易い状態になっています、要注意ですね


DSCF4014.jpg
この時期は(7月中旬)突然の雨が多かったので上から順番に仕上げて行く事にしました。


DSCF4022.jpg
防水シートルーフィングをダブルで張り込んでもし雨が入っても建物には影響のないような下地施工です。
棟は地震や台風に強い特殊な工法で仕上げます。
もし建物を逆さに向けても落ちたり崩れたりしない棟です。瓦も一枚一枚固定しますのかなり強い屋根に変身です!


瓦が終わると引き続き塗装工事に入ります!
DSCF4167.jpg
盆までぎりぎりになりますが、可愛く仕上がってくれるでしょう~
楽しみです!
スポンサーサイト

お色直しリフォーム工事/第2弾 

本日もこの時間になると(PM6時すぎ)暑さも楽になる感じですね・・・・



   はい 大です。

明日こそは!明日こそは!涼しくなると信じて毎日を過ごしていますが、なかなか実現しません。




ので、活報へ。
DSCF4005.jpg
これは施工前。
この年代の瓦は要注意です、数か所水の侵入した跡がありました。






全て下地から補修してからの修繕で一生安心でしょう
s-DSCF4246.jpg
瓦は石州の銀黒で、壁は白に近いアイボリーで全体がまとまります。
樋も板金も全て新しくしたのでまるで新築みたい!



最近よく言われます!
s-DSCF4248.jpg
こういった、瓦の吹き替えや外壁の塗装もするんだ~?って
30年前からこういった施工をさせていただいています・・・。

HPを見てね!ここのページの下の方に分かりやすく図で紹介させて頂いてます



 明日は涼しくなりますように・・・




    んだば